「これまで一度もクレジットカードを作ったこともなく、カードローンを申し込んだこともない」

このような人が、クレジットカードやカードローンの審査に落ちてしまうことがあります。

その人たちからすると不思議でしょう。絶対にブラックではないはずですから。

このように、1度も金融機関のカードローンなどを利用していない人が、なぜ審査に落ちるのでしょうか

その理由は「ブラック」ではなく「ホワイト」だからです。

ブラックとホワイトの違い

この「ホワイト」とは、クレジットやローンの使用実績や履歴がまったくの白紙状態のことを指します

そこだけを聞くと、何のトラブルもなく確実に審査に通りそうに感じると思います。

しかし逆に、全くクレジットカードやカードローンを利用していないことは、審査では不利になります

20代前半くらいの若い人であれば、クレジットカードやカードローンを利用していないとしても不思議ではありません。

しかし、40代や50代になっても、「1度もクレジットカードやカードローンを利用していない」というのは一般的に不自然に映ります。

ずっと現金主義の人もいるとは思います。しかし、その年齢になるまでに1度くらいは、クレジットカードやカードローンを利用するほうが一般的です。

審査担当者からすれば、その点が不自然だと判断します。その結果、審査にマイナスになってしまいます。

ホワイトでなぜ審査に落ちる?

自己破産などの債務整理をした場合、長くて10年間ほどローンも組めません。クレジットカードを持つこともできません

これは個人信用情報機関に自己破産をしたという情報が掲載されているために、審査に通りません。

これがブラックリストと呼ばれています。

ブラックリストであれば、ほとんどのカードローンやクレジットカードの審査には通りません

しかし、ホワイトの場合は必ず審査に通らないわけではありません

もしあなたが「年収が高くて属性がよく、キャッシングやカードローン、クレジットカードを利用したことがない」という人であれば、ホワイトが原因で審査に落ちている可能性があります。

審査をしている時に、何も過去の利用履歴がないと、「過去に債務整理をしているのではないか?」などと疑われて、審査にマイナスになってしまいます。

キャッシングやカードローンよりも、クレジットカードのほうが、ホワイトのマイナスポイントは大きいようです。

どうしても「クレジットカードを持ちたい」といった人は、個人信用情報機関に利用実績が記載されるようにしましょう

家電などをローンで買い、きちんとした利用履歴(クレジットヒストリー)を作っておくことが有効です。

そうすることで、ホワイトでの審査落ちを防ぐことができます。