「社員証つきのクレジットカード」があることを知っているでしょうか?

最近大企業などで、こういった法人クレジットカードを導入する会社が増えてきています。コーポレートカードや法人カードといった言い方もします。

交通費などの経費をこのコーポレートカードで清算できるので、会社にも個人にも、手間がなくなるなどのメリットがあります。

コーポレートカードを実際に使ってみると、ほんとうに便利でした。

私が使っていたコーポレートカードは、表がクレジットカードで裏が社員証(顔写真付き)でした。入退室の際のICカードとしても利用していました。

企業によっては、売店や食堂などの支払いで利用することもあるようです。

そんな便利なコーポレートカードですが、問題もあります。

コーポレートカードの審査

「経費利用のためのクレジットカードを作成してもらう」と会社から言われて、「あ、どうぞ」といった反応の人と、「えっ・・・」という反応の人がいると思います。

普段クレジットカードの審査に通らなくて困っている人からしたら寝耳に水状態です。ブラックの人ならなおさらでしょう。

「以前自己破産したことがバレるかも・・・」

「自分だけ審査に落ちたらどうしよう・・・」

そういった声が聞こえてきそうです。これでは仕事どころではありません。

では、コーポレートカードの審査は甘いのか?それとも以外に厳しいものなのか?

答えは、クレジットカードは発行される可能性は高いです。

その理由として、そのコーポレートカードの月々の支払いをするのはその会社だからです。

クレジットカード会社にとっては、その申込者(社員個人)の信用情報などは関係なく、その会社に対する信用があればクレジットカードを発行しても問題はないわけです。

では審査に落ちるケースはあるのでしょうか?

コーポレートカードでも審査に落ちるケース

社員証代わりのクレジットカードといっても、「会社ではなくその社員本人が決済する」場合は、個人の信用情報によってクレジットカードの発行の可否が決められることがあります。

この場合は残念ながらコーポレートカードとはいえ、審査に落ちることもあります

その時に、会社に自分がブラックであることがバレるのかどうかが気になるところでしょう。

審査に通らなかった時点で、「この人なんで審査に通らないんだろう?」とは思うでしょうが、何が原因で審査に落ちたかどうかは、社員証クレジットカード担当の社員にはわかりません

もし審査に通るか心配であれば、「審査が通らなかった人向けにクレジットカード機能なし社員証を発行しているか」を社員証クレジットカード担当の社員に聞いてみるといいと思います。

もしその「審査に通らなかった人向けのカード」がある場合は、審査に落ちる可能性があります。

しかし単純にクレジットカードの審査ということだけでいえば、審査は通常より緩くなりますので、一般的に審査に落ちる人でも審査に通る可能性は上がります。

「審査に通らなかった人向けのカード」がない場合、ブラックだったとしても審査に通る可能性は高いです。

ちなみに、その会社を退職するときに、コーポレートカードは返却することになります。

コーポレートカードの審査は甘いのか?

今まで説明してきた通り、コーポレートカードの審査対象は2種類あります。

  • 会社決済方式
  • 個別決済方式

会社決済方式

クレジットカード会社が審査するのは、申込者の勤務先である企業です。企業の信用度が高ければ高いほど、審査は優遇されるでしょう。

なので審査は非常に甘く、申込者がブラックであったとしてもカードが発行される可能性は高いです。

個別決済方式

クレジットカード会社が審査するのは、申込者自身です。こちらの場合、審査に落ちることもあります。

ですが、通常のクレジットカードと比べると、かなり審査は甘いといえます。

そもそもコーポレートカードを作るときはどんな時かというと、「その企業に入社した時」でしょう。

ということは、申し込むのは新入社員か中途社員の可能性が高いです。当然ながら「勤務年数」はゼロです。

そのことを分かって申し込みますので「勤務年数」を理由に審査に落ちることはありません。

審査項目である下記の3つは申し込む時点でクリアしているようなものです。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務年数

さらに勤務先に在籍していることが確実という状態から審査が始まります。ブラックでなければ、かなりの確率で審査に通るでしょう。

ブラックリストの人でも審査に通る可能性は十分あります。実際にブラック(債務整理)で審査に通った人を知っています。

まとめ

通常のクレジットカードと比べると、コーポレートカードの審査は非常に甘いです。特に会社が支払う会社決済方式であれば、審査に落ちる人はそうはいないはずです。

申込者個人が支払う個別決済方式の場合は、審査に落ちることもあります。それでも通常のクレジットカードと比べれば審査は甘いですが。

自分の勤務先の企業が「クレジットカード機能なしの社員証」を発行している場合は、審査に落ちた人のために用意されているものなので、審査に落ちることも覚悟しなければなりません。

その場合は、申し込む前に「滞納がある場合は支払いを済ませる」などして、少しでも自分の状況をよくして申込みをしましょう。