クレジットカードやカードローンの支払期限に間に合わず、滞納してしまった経験がある人は多いのではないでしょうか?

私も実はこのミスをしたことがあります。

引き落とし分のお金だけ入れておいたら、たまたま他のクレジットカードの年会費を引き落とされていたのです。その結果、3,000円程度足りなくて引き落としされていませんでした。

同じような経験がある人は少なくないと思います。

毎月決められた日までに支払うことが、クレジットカード会社、消費者金融、銀行などとの取り決めです。

それを破ったことは十分ブラックリストに載る理由になります。

「延滞」や「滞納」という情報は残念ながら、ブラックになります

何回滞納するとブラックになるのか

「何回延滞をしたらブラックリストに載るのか?」と不安な人も多いでしょう。

自己破産などの債務整理の情報であれば、確実にブラックです。ですが「1回の滞納」に関してはグレーといったところでしょう。

しかし個人信用情報機関には、たった1回の滞納でも延滞の事実は記録されてしまいます

では、1回延滞しただけでも審査に通らなくなるのでしょうか?

実は1回程度の延滞であれば、クレジットカード会社、銀行、消費者金融などは「何か事情があって振り込めなかったのかもしれない」と配慮してくれるところが多いようです。

「引き落とし日を忘れていた」「急に他の引き落としなどで金額が足りなかった」などのケースもあるだろうと判断してくれるようです。

「1回の延滞が原因で審査に落ちた」ということは少ないようです。

しかし、何度も延滞が続いた場合はどうなるでしょうか?

具体的には3ヶ月延滞が続くと、完全にブラックリスト入りです。クレジットカードでもキャッシングでもカードローンでも、審査に通らなくなるでしょう。

こうなると、もうひとつ問題が出てきます。

クレジットカードが利用停止に

今現在利用しているカードローンやキャッシングの枠が少なくなったり、クレジットカードの利用停止になったりと、利用者側からすると困った問題が起きてきます。

現在延滞でブラックになっているため、他のクレジットカードが持つことができない状態で、今あるクレジットカードが利用停止になった場合は本当に困ります。

ブラックリスト入りしない為にも、絶対に3ヶ月目の延滞だけは避けてください

では、1ヶ月目はなんとかセーフ、3ヶ月目は完全にアウト、となると2ヶ月目はどうでしょうか?

「2ヶ月間延滞」はアウトのケースや「1度だけ2ヶ月間延滞をしたケースならセーフだが、それがもう1度あるとアウト」などクレジットカード会社、銀行、消費者金融などによって判断が分かれるようです。

いずれにせよ、延滞の情報は個人信用情報機関にもよりますが、5年間は消えないと思ってください。

クレジットカード会社は定期的にCICの情報をチェックしています。

「新たな借り入れをしていないか」「他社の利用状況などに問題はないか」といった点を調べます。

その時に、滞納してブラックになっていることが分かれば、「ウチも対策を立てる必要がある」と判断されます。

それでクレジットカードが利用停止にされてしまうというわけです。

まとめ

1回滞納しただけでは即ブラックとまではいきません。「何らかのミスで払い忘れただけ」と判断されたりするからです。

しかし信用情報機関に滞納の情報を登録されてしまえば、審査には大きなデメリットです。ですが1回滞納した人が審査に通ったケースであれば数多く知っています。

2回目の滞納はほぼアウトと考えましょう。しかも数年間その金融事故情報は消えません。クレジットカードが利用停止にされてしまうこともあります。

そうならないためにも「1回くらい滞納しても大丈夫」などとは思わずに、ちゃんと1日も遅れずに返済してください。

ブラックになってしまうと信用を取り戻すのに時間がかかりますので、忘れずにしっかり返済していきましょう。

「1回滞納したことがあるけど審査に通るのか?」と悩んでいる人は、一度JICCやCICなどから自分の情報を開示するといいでしょう。