「消費者金融のカードローンに申し込みたいけど、実は電気代やガス代を滞納している・・・」

上記のように、公共料金を滞納しているが、カードローンに申し込みたいと考えている人もいるでしょう。

ですが、ネット上で調べてみると、「公共料金の滞納は審査に影響あり」と書かれていることがあります。

では、公共料金の支払いが遅れると、クレジットカード、カードローンやキャッシングなどの審査に影響はあるのでしょうか?

個人信用情報機関に登録されるか

ネット上では審査に影響があると書いてあることもありますが、実際はないと思っていいでしょう。

まず理由のひとつとして、クレジットカード会社、銀行、消費者金融は、審査で個人信用情報機関の情報を見ます。

公共料金の支払いを延滞したとしても、それが事故情報として個人信用情報機関に登録されることはありません

仮に電気やガスが止められたとしても、事故情報して登録されるわけではないので、カードローンなどの審査に関しては影響はありません。個人的には困りますが・・・。

ただ、クレジットカードで公共料金を支払うように設定しているケースでは注意が必要です。

クレジットカードで引き落としするとポイントが貯まり、うまく活用するとお得です。公共料金の引き落とし日までに、銀行口座にお金を入れておく必要もありません。

そういった理由から、公共料金の支払いはクレジットカード払いという方も多いでしょう。

しかしそこが落とし穴になることもあります。

公共料金をクレジットカード払いにしていると

「公共料金をクレジットカード払いにしていたが、公共料金が払えないためにカード料金の支払いができなかった」

このような時が、問題になります。

クレジットカードの料金が払えなかった場合、個人信用情報機関のCICに滞納情報が登録されます。信用情報にクレジットカードの延滞という情報が記録されるというわけです。

クレジットカード会社や消費者金融などにとって、公共料金の支払いの滞納が問題なのではなく、クレジットカード料金の支払いができなかったことが問題になります。

そこを見て、「クレジットカードやカードローンの審査に通らない」ということになってしまいます。

そういったことを考えると、公共料金の支払いはクレジットカード決済ではなく、銀行引き落としにしたほうがいいのかもしれません。金銭的に余裕がある人は問題ないですが。

それから以前ネット上でこういった書き込みを見たことがあります。

「公共料金をクレジットカード払いにしておけば、公共料金の滞納をしても電気やガスは止められない」

これは「クレジットカードの支払いを滞納していても、クレジットカードを止めれば電気やガスも止まってしまうので、クレジットカードを停止できないはず」という考えからきていると思います。

はっきり言ってこの情報はウソです。クレジットカード会社にはそんなこと関係ありませんので、信じないようにしてください。

まとめ

公共料金を滞納しても、個人信用情報機関に登録されることはありません。

つまり、クレジットカード会社・銀行・消費者金融は、公共料金の滞納情報については全く分かりません。公共料金を滞納したことで、審査に落ちるということはありません。

しかし、公共料金の支払いをクレジットカード払いにしていると、滞納した場合に個人信用情報機関(CIC)に登録されます。その場合、審査に影響します。

金銭的に余裕がない人は、公共料金の支払いをクレジットカード払いにしないほうがいいと思います。公共料金の支払滞納自体でブラックにはなりませんから。