以前利用していたが、完済して今は利用していないカードローンがある人もいると思います。

ちょっとお金が足りなくなったから、10万円程度の少額を借りた人もいるでしょう。まとまったお金が必要で、100万円以上借り入れた人もいるでしょう。

毎月遅れることなく返済して、全部返済し終わり、今は借り入れをしていない。

そういった人が、以前完済した消費者金融のカードローンをまた利用したいと考えた場合、また審査のやり直しをするのでしょうか?

解約していれば再審査となる

消費者金融のカードローンであれば、解約手続きをしていないのであれば、以前利用していた枠がすぐに使えることもあります。一度確認してみることをおすすめします。

カードを持っている人は、そのカードを入れてみてください。ネットから確認できる人は、ネットで借り入れの枠があるか調べてみてください。借り入れの枠があれば、また借りることができます。

利用限度額を見れば分かります。ゼロになっていれば使えませんが、100万円など、今すぐ下ろせる金額がある場合利用できます。

解約手続きをしている場合は再審査になります。これは消費者金融だけではなく、銀行のカードローンの場合でも同じです。

ちなみに、消費者金融は完済しても勝手に契約が終わらないことが多いです。解約手続きをしないと信用情報に「消費者金融との契約が残っている」と判断されて、住宅ローンの審査に不利になる場合があります。

住宅ローンを申し込むことを考えている人であれば、一度自分の信用情報を開示してみて、信用情報がどうなっているかを確認してから、住宅ローンの申し込みをすることをおすすめします。

それでは話を戻しますが、解約手続きをしている場合は、もう一度カードローンの申し込みをして、また審査に通る必要があります。

その場合は、前回と同じように現在の他社の借入状況など、本人の属性を見て審査されます。しかし、以前と全く同じ条件で審査をすることになるのでしょうか?

過去に完済した人の審査は特別扱いされる?

消費者金融から見ると、新規申込みの人も、過去に利用していて完済した人も、同じように審査をすることになります。そう言った点では、同じ条件と言ってもいいかもしれません。

とはいえ、完全に同じ条件ではありません。在籍確認を省くなど、審査が簡略化されることも多いです。

以前完済しているという実績がありますので、審査が甘くなるというのは本当です。

過去に完済した人ならば、前回より多少属性が悪くなっていても十分審査に通る可能性はあります。

新規借入の人は、どんな人か分かりません。それならば、過去に毎月遅れずに返済してくれた人に貸した方がいいという判断になるのは当然です。

個人信用情報機関の情報では、現在の借入状況しか見れません。その人が過去にどのように返済してきたかどうかまでは見れないので、新規申込者よりも以前に完済してくれた人の方が安心というわけです。

消費者金融によっては、再利用者に通常よりも金利を低くすることもあります

特に、引っ越しも転職していない場合、前回審査した時よりも属性はよくなっていますので、消費者金融からすれば「お金を貸したい人」と判断されるからです。

新規に申し込みをするのも一つの手ですが、以前利用していて完済した消費者金融があるならば、もう一度見直してみてもいいと思います。

まとめ

消費者金融のカードローンは、解約手続きをしていないのであれば、限度額そのまま使える可能性が高いです。解約手続きをしている場合は、また再申し込みをして審査することになります。

再申し込みをした場合、以前完済しているという実績がありますので、審査は優遇されることが多いです。場合によっては、金利を以前よりも低くしてもらえることもあります。