クレジットカードやカードローン、キャッシングの申し込みをする際に、他社借入件数や借入金額を書く欄があります。

他社借入件数や借入金額が多い人は、一度は少なく書いた経験があるのではないでしょうか?

「もし借入額を少なく書いてバレなければ審査に通るかも・・・」

こういった心境で少なく書くのでしょう。

それでは、他社借入件数や借入金額を少なく書いた場合、クレジットカード会社や銀行、消費者金融などにそのことがバレるのでしょうか?

個人信用情報機関を見れば分かってしまう

残念ながらこれは、完全に分かります。

なぜなら個人信用情報機関で情報を開示すれば、どこからいくら借りているのかはすべて分かります

「分かるなら何で他社借入れ件数や借入れ金額を書かせるのか?」

私も以前はそう思ったことがあります。調べれば確実に分かるのに書かせる必要はないはずと思っていました。

しかし、理由を知って納得しました。その理由を下記に挙げます。

その1:自分の借入れ金額を把握しているか
(自分がいくら借りているかも分からない人には貸せません)

その2:借入れ金額を少なく書いたりゼロと書いていないか
(ウソつきには貸せません)

その3:他にも借入れがないか
(個人信用情報機関に登録されている金額以上に借入れがないか)

ウソをつくと社内ブラックになってしまうかも

個人信用情報機関で情報を開示すれば、分かってしまう借入れに関しては、正直に書いてください。

ここで怖いのは、ウソがバレて審査に落ちるだけでなく、「こいつはウソつきだ。今後こいつからの申し込みは通さないようにしよう。」となってしまうケースもあります。

これを社内ブラックといいます。社内ブラックになってしまえば、そのクレジットカード会社、銀行、消費者金融などの審査に通る可能性はかなり低いでしょう

「借入件数や借入額を少し減らした」程度であれば、本人の勘違いもありますから、そこまで深刻になることはありません。

しかし、あまりにも明らかなウソの場合は、社内ブラック扱いになる可能性は高いです。

信用情報機関のブラック情報は、「○年で消す」という決まりがあります。

しかし、社内ブラックの情報を消さなくてはいけない決まりはありません。社内ブラックになってしまったら、その金融機関では一生ブラックになる可能性があります。

「正直に申し込むこと」それが審査に通る上で必要なことです。

まとめ

他社借入件数や借入金額を少なく書いて申し込んでも、個人信用情報機関で見ればすぐにわかります。何の意味もありませんし、むしろ悪いイメージしかありません。

悪質なウソは、申込をした消費者金融などの社内コンピューターに登録されます。つまり、申込があった時点で自動審査される際に、その時点で審査落ちが決まってしまいます。

虚偽の記載がないように申込をしてください。ウソをついてお金を借りようとする人に、誰もお金を貸したいとは思いません。