通常カードローンやキャッシング、クレジットカードなどに申し込みをした場合、審査をすることになります。その時の審査で、今現在その人がいくら借り入れがあるかを見ます。

その際に、他社のカードローンやキャッシングで1円も借り入れはしてなくても、借り入れ枠がある場合があります。

この場合、審査する際にどう影響するのでしょうか?

審査で借入枠はこう見られる

「1円も借りてはいないのだから、審査には影響しない」

そう考える人も多いようですが、実際は借り入れをしていなくても、利用枠がある場合は、その利用枠分借りているものとして、審査されることがあります

つまり、A社のカードローンに申し込んだ場合にB社に100万円の利用枠があれば、1円も借りてはいなくても、100万円の借入があると判断されるということです。

その理由として、他社の借入枠まで調整することはできないからです。

自分の会社がお金を貸した後に、申込者が他社の枠の分借入をされると、与信枠がオーバーしてしまい、返済が滞る確率がグンと上がります。

消費者金融はどう判断するか

例えば下記のような人からローンの申し込みがあった場合のことを考えてみます。

例:本田さん(仮名)
年収600万円
勤務年数10年(大手企業勤務)
A社 借入金額ゼロ(利用枠200万円)
B社 借入金額ゼロ(利用枠100万円)
C社 借入金額ゼロ(利用枠100万円)
金融事故経験なし(ブラックではない)

現在この人は借金ゼロで大手企業に10年も勤めていて、年収も十分にあります。なので、普通に考えてカードローンの審査には通るだろうと思う人がほとんどだと思います。

しかし、他の消費者金融などから見てみれば、判断に迷うところです。

「現在借金ゼロだが、自分の会社が融資した後に他社からも一気に借り入れをするかもしれない」

そう判断する消費者金融もあります。

「この人は借金ゼロ」と判断する消費者金融や銀行もあるでしょう。少し極端な言い方ですが「この人は借金400万円」と判断する金融機関がある可能性も否定できません。その判断は金融機関によります。

どうしてもカードローンの審査に通りたい場合は、他社の契約を解約しておいたほうが、間違いなく審査には有利になります。

特に住宅ローンの審査では重要なポイントになりますので、このことを忘れないようにしてください。

まとめ

消費者金融や銀行、クレジットカード会社などは、他社借入枠があれば、利用していなくても借り入れをしていると判断されることがあり、審査に影響します。

もし自社が融資を決定したあとに、その人がその利用枠を一気に全部使うかもしれないからです。金融機関はそれをリスクと判断しますので注意が必要です。

少しでも審査を有利にしたい人は、使う予定のないカードローン、キャッシング、クレジットカードは解約しましょう。そのほうが審査にプラスになる可能性が高いです。