貸金業法改正で総量規制が定められてからは、借入限度額が年収の3分の1までになりました。その影響から、消費者金融も顧客を選ぶようになり、以前よりも審査は厳しくなりました。

それでは、銀行のカードローンの審査も同じように審査が厳しくなったのでしょうか?

大手銀行と大手消費者金融は業務提携しているところが多いです。実は無担保のローンに関しては、消費者金融の審査のノウハウをそのまま利用しているようなものです。

銀行は、名前や場所を貸しているに過ぎないわけです。そのため、実は一部の大手銀行のカードローンの審査は、消費者金融のキャッシングの審査基準とほとんど同じです。

以前の銀行のように厳しい審査ではなくなった

あくまでもすべての銀行ではなく、消費者金融と提携している一部の銀行に関しての話です。

銀行のカードローンは総量規制対象外なので、消費者金融のキャッシングのように、借入限度額が年収の3分の1までという決まりはありません。

そのため、消費者金融のカードローンよりも融資額を多く貸し出せることになります。

例えば、ある銀行の頭取は「消費者金融からお金を借りられなくなった人の受け皿となることは、銀行としての責務」と、インタビューに答えていたらしいです。

このことから、総量規制で借りられなくなった人たちにも融資をしようという姿勢が伺えます。このご時勢でも年収の半分以上の借り入れがあった人でも審査に通ったという人もいます。

決して審査が甘いわけではありませんが、銀行のカードローンだから無理というわけではありません。

銀行のカードローンでは、他社借入件数が多いと審査に通らないケースが多いです。まずは借入件数を減らしてから申し込みをすると、審査に通る可能性が上がります。

銀行も多額の広告費を投入している

テレビのCMを見るとわかりますが、銀行のカードローンのCMを見ることも多いと思います。その広告費は決して安いものではありません。銀行もその広告費以上に儲ける必要があります。

つまり顧客を増やし、どんどん融資をする必要があります。そうしないと多額の広告費をかける意味はありません。

銀行であろうと消費者金融であろうと、多額の広告費を投下していて、多くの人にお金を借りて欲しいと思っています。

特に50万円以下の融資であれば、審査の難易度としては、そう高いわけではありません。

特に「属性はそう悪くないが、年収の3分の1以上の借入があるため消費者金融からは借りれない人」はおまとめローン目的で申しこむと、意外に審査に通り融資されている人が多いようです。

銀行にもよりますが200万円程度のおまとめに成功すれば、金利が8%程度になりますので、試してみる価値はあると思います。

まとめ

銀行のカードローンには総量規制がありません。年収の3分の1以上の借り入れがあっても、審査に通る可能性があります。以前ほど、銀行と消費者金融の審査に差がなくなってきています。

現在銀行は個人向けローンに力を入れており、銀行のカードローン貸出残高は増えています。つまり、以前より審査を甘くしていると考えられます。

消費者金融でおまとめローンを申し込み、他社借入件数を減らしてから銀行のおまとめローンに変えるという方法もあります。そうすれば、金利も低く抑えられることがありますので、検討してもいいと思います。