総量規制の一番のポイントとして、消費者金融などの貸金業者からは、年収の3分の1までしか借りられないようになったことだと思います。

年収が450万円であれば、150万円までしか借りられないと言うことになります。

これは貸金業者が、債務者の返済能力の限界以上まで貸し出して、借金返済できない多重債務者を生まないため、というのが総量規制ができた理由です。

しかし総量規制の対象になるのは何か問われたら、以外に答えられない人が多いのも事実です。なんとなく「法律が変わって年収の3分の1までしか借りられなくなった」というだけだと思います。

総量規制の対象と対象外の借り入れ

総量規制の対象

  • 消費者金融のキャッシング・カードローン
  • クレジットカード会社のキャッシングやローン

総量規制の対象外

  • クレジットカードで商品を購入(ショッピング)
  • 銀行のローン
  • 家やマンション購入のための住宅ローン
  • おまとめや借り換え目的のローン
  • 自動車など担保がついている貸付け(カーローン)
  • 緊急の医療費のための貸付け
  • 高額の医療費のための貸付け
  • 個人が事業用資金として借り入れる場合

総量規制に該当しても理由しだいで借り入れ可能?

例えば、今現在年収の3分の1以上の借り入れがある人がいるとします。実際に多いので問題なのですが・・・。

一般的には総量規制があるため、年収の3分の1以上の借り入れがある場合、消費者金融からは借り入れはできません。

しかし、借り入れの理由が総量規制の対象外の項目に該当するのであれば、消費者金融などの貸金業者は融資をしてもいいようになっています

例えば、上記に記載したように「緊急に医療費として借りたい」という理由でも消費者金融は融資ができます。現在年収の3分の1以上の借り入れがあった場合でも、審査に通すことが可能です。

消費者金融に申し込むときに、お金の使い道を聞かれる項目がある場合は、このような理由を入れておけば、年収の3分の1以上の借金がある人でも審査に通ることもあります。

貸金業者からしてみれば、例外規定という形で貸付けができるというわけです。少しでも審査に通る可能性を上げるために、頭に入れておくといいと思います。

おまとめローンなら消費者金融も融資可能

一般的なのは、借り入れの理由が「今ある借金を低金利でまとめたい」という理由であれば、消費者金融でも年収の3分の1以上の借金がある人にもお金を貸すことができます。

おまとめローンや一本化ローンなどで実績のある消費者金融を探すのもひとつの手です。

その際は、まず自分がどこからいくら借りているかを把握しましょう。他社借入件数が3件以内であればいいのですが、4件以上あると審査に通る可能性が下がります。

できるだけ他社借入件数を3件以内に収めるようにすれば、審査に通る可能性が上がります

難しいならば、中央リテールのようにおまとめローンの申込条件が「借り入れ件数が4件以上、借入額150万円以上」という寛容な条件を設けているところもありますので、そこを狙うのも一つの手です。

中央リテール<公式サイト>

しかし、中央リテールの残念な点は、平日に東京の店舗に行く必要があることです。直接店舗に行くことができる人であれば、他社と比べてもおまとめローンの審査は甘いで、他社で審査落ちするような人に向いています。

まとめ

消費者金融は総量規制対象なので、基本的に年収の3分の1以上の借り入れがある人に融資することはできません。

しかし、「緊急の医療費の貸付」や「借金の一本化(おまとめローン)」などであれば、融資をしてもいいことになっています。

おまとめローンに申し込む場合は、できるだけ他社借入件数を3件程度まで減らして申込をしたほうが、審査に通る可能性が上がります。