以前奨学金の滞納で、クレジットカードやカードローンの審査に通らなくなるという話をしました。
(参照:奨学金の滞納が原因で、カードやローンの審査に通らなくなる?

そもそも以前はこのような問題はありませんでした。

これはいつから、それにどういう理由で、奨学金にブラックリストが導入されるようになったのでしょうか。

不況の影響で奨学金の滞納率は増えている

奨学金の事業は、以前は日本育英会が行っていました。しかし、その他関連事業も含めて、2004年に独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)に移管されました。

この奨学金の貸付残高ですが、2012年3月の時点で7兆2760億円あります。このうち金利が免除になる一種と言われている奨学金は2兆4304億円あり、低金利の二種と言われている奨学金は4兆8456億円あります。

そして現在奨学金を利用している学生は470万人にものぼります。その中で、無金利の一種を利用している人は169万9千人、低金利の二種を利用している人は273万人になります。

大学生の3人に1人は奨学金を利用している計算になり、奨学金の利用者は増えています。

これだけでは特に何も問題はないのですが、増えているのは奨学金の利用者だけではなく、奨学金を滞納する人が増えていることが問題です。

滞納の定義としては3ヶ月以上の滞納者となっているようで、金額にして2647億円にものぼります。金額での滞納率は5.5%にものぼります。ここ10年ほどで3倍になっているそうですから、これは大問題です。

これが一般の消費者金融や銀行であるならば、明らかに経営不振で会社として何かしら策を考えなくてはならないでしょう。

日本学生支援機構も同様に、あまりにも増え続ける奨学金の滞納に歯止めをかけるために策を考え実行しました。

日本学生支援機構が滞納を減らすためにした策とは

日本学生支援機構は増え続ける滞納に歯止めをかけるために、二つの策を講じました。

そのひとつが、民間の債権回収専門会社に業務委託したことです。債権回収専門会社はサービサーとも呼ばれています。以前よりも奨学金の取立てが厳しくなったのはこれが原因です。

督促の方法としては、基本的には電話のようです。日本学生支援機構のホームページを見ると、「電話による督促は、本機構職員の他に、業務を委託した債権回収会社からも行う場合があります」という記載もあります。

それから、電話による督促の時間帯は、平日、休日ともに9時~21時のようです。これは貸金業法の督促行為の規制に準じています。

さらに「本人の勤務先に電話する場合もあります」という嫌な一文まであります。

貸金業法と割賦販売法の督促行為の規制では、この「本人の勤務先に電話をする」という行為を禁止してはいません。特別な事情があるときはしてもいいということになってはいます。

この一文からもわかるように、奨学金の督促は以前よりも厳しくなったといえます。

もうひとつの策というのが、滞納者の情報を全国銀行協会個人信用情報センターに登録するようにしたことです。つまり奨学金の滞納者はブラックリスト入りするということを意味します。

個人信用情報機関に登録されるということは、事実上のブラックリスト入りを意味します。実際にブラックリストというものがあるわけでなく、分かりやすいようにこういう言い方をしています。

登録されるのは、「延滞3ケ月以上となった者」と記載されています。ただし、「新規返還者については返還開始後6ケ月経過時点で延滞3ケ月以上の場合」とありますので、「6ケ月経過以降で延滞3ケ月になった時点」でブラックリスト入りになります。

全国銀行協会個人信用情報センターに登録されてしまえば、延滞が解消してから5年間は登録されたままとなります。つまり、5年間はブラックリスト入りしたままということになります。

この期間中は、カードローンやキャッシング、クレジットカードの審査には通らない可能性が高いです。住宅ローンも同様です。

奨学金の返還が難しい人のための措置もある

「今までちゃんと支払いを続けていたが、事情があり今まで通り奨学金の返済ができなくなった」

そのようなまじめな人も多いでしょう。そういった人たちのための措置もありますので、一度日本学生支援機構で確認したほうがいいでしょう。

  • 減額返還
  • 約束どおりの返還は困難だが、半額ならば返還が継続できる場合

  • 返還期限猶予
  • 現在返還が困難であるため、一定期間返還を待ってほしい場合

  • 返還免除
  • 本人が死亡・障害により返還できなくなった場合及び、教育又は研究の職に就いた場合

「奨学金の滞納くらい・・・」と考えていると、痛い目をみます。現在滞納している人は、日本学生支援機構に「生活が苦しいので今までどおりは払えない」と相談してみてください。

相談してみると、対応策は見つかるかもしれません。一番いけないのは、滞納したままほったらかしにすることです。

そうなればずっとブラックリスト入りしたままになりますので注意してください。

まとめ

現在、奨学金事業は日本学生支援機構(JASSO)が管理しています。奨学金の滞納情報が、個人信用情報機関に登録されるようになりましたので、奨学金を滞納するとブラックになります。

「6ケ月経過以降で延滞3ケ月になった時点」でブラックリスト入りになります。そうなると、延滞が解消してから5年間はカードローンやクレジットカードの審査に通るのは難しくなります。

事情があって奨学金の滞納をしたかたは、減額返還、返還期限猶予、返還免除などの措置がありますので、一度日本学生支援機構に返済相談をしたほうがいいでしょう。