最近の携帯電話やスマートフォンは機種代が高いです。新型のiPhoneは10万円くらいします。

高いからこそ、スマホなどは分割での購入が一般的となりました。

しかし、「スマホを分割購入しようとしたが、断られた」という話をよく聞くようになりました。

要は、スマホの分割購入の際にする審査に落ちているというわけです。

それでは、どのような人がスマホの分割購入の審査に落ちているのでしょうか?

通話料や利用料金を滞納している人は審査には通らない

スマホの分割購入審査に通らない一番の原因は、スマホや携帯電話の通話料や利用料金を滞納していることでしょう。そういう人がかなり多いと思います。

携帯電話料金というのは、どうしても滞納に関して甘く考えられがちです。若い人はよく「携帯料金まだ払ってないから今携帯止められてるんだよね~」などと言っています。

しかし、この払っていない携帯電話料金の中には、今の携帯やスマホの機種代を分割払いしている分も含まれます。

考え方によっては、クレジットカードで携帯電話やスマホを24回払いで購入して、分割払いしている人と何にも変わりはありません。

それなのに、なぜかクレジットカードの滞納よりも、圧倒的に携帯料金の滞納のほうがハードルは低く感じます。

クレジットカードの支払いを滞納すると、クレジットカードが使えなくなる可能性があります。そうなるとブラックになり、カードローンなどの審査に通らなくなります。

なので、クレジットカードの支払いは滞納せずに、遅れないように支払いをします。しかし、携帯料金はなぜか後回しでもいいように考えている人が多いです。

しかし、この携帯料金の滞納が原因で、次にスマホなどを機種変更しようとした際に、審査で落とされるケースが目立つようになりました。

携帯キャリアは全く同じ審査をしているわけではない

これは、NTTドコモなどの通信キャリアが携帯料金の滞納情報などを共有しているからです。

「分割で買えないなら他のキャリアで新規の契約をしよう」と考えても、あなたの携帯料金の滞納情報は筒抜けなので、審査に落ちてしまうということになります。

新規購入でも機種変更の場合でも、分割購入をするのであれば、まずは携帯キャリア独自の審査に通過する必要があります。

審査では、先ほどの「携帯料金の滞納がないか」という点は確実に見られます。しかし、審査はこれだけではありません。

携帯キャリアによっては、個人信用情報機関のブラック情報を見て、ブラックであれば落とす場合もあるようです。

しかし、この審査にはよくわからない点が多いのも事実です。

基本的に携帯料金の滞納などがあれば、どの携帯キャリアの審査にも通らないと思っていいです。

しかし、なぜか個人信用情報機関にブラックであると明記されている人でも審査に通ったりもします。

ちなみに個人信用情報機関に「この人はブラックリストだ」と書かれているわけではありませんので、誤解しないようにしてください。

実際は異動とか延滞という言葉が書いてあるだけです。それを見て、審査担当者がこの人はブラックだなと判断するだけです。

携帯キャリアの機種分割購入の審査は厳しいのか?

スマホを分割で購入しようとすると、携帯キャリア独自の審査に通る必要があるという話はしました。

それでは、この審査の難易度はどれほどのものなのでしょうか?

これは、明確な診査基準は審査担当者しかわかりませんが、予測は立てることはできます。

はっきり言って、審査の難易度でいえば、クレジットカードを作ったりキャッシングをするほうが、よっぽど難しいと思っていいでしょう。

どの携帯キャリアでも、多額のキャッシュバックをしてでも、契約を取ろうと必死です。本当は無審査で通したいくらいなのです。

一昔前は、この審査はあってないようなくらい甘いものでした。しかしこの審査を甘くしすぎたせいで、携帯料金の滞納額が膨れ上がったという過去があります。

なので、今はそれなりに審査をするようにはなっていますが、カードローンやクレジットカードに比べれば、まだまだ甘い審査であると断言できます。

基本的には携帯料金を滞納していなければ、通常であれば審査に通ると思われます。

ただし現在ブラックの人については、「審査をやってみないとわからない」というのが本音です。ブラックでも通っている人はいますし、何が原因で落ちたかよくわからない人もいます。

最後に、ネットの掲示板の回答などによく書かれている「分割購入の審査で年収や勤務先、持ち家かどうかも判断される」というのはウソです。クレジットカードやローンの審査と混同しているのかもしれません。

取り合えず、携帯電話やスマホを分割購入しようと考えている人は、現在や過去に携帯料金の不払いなどがないかを調べて、その点をクリアにしてから申し込んだほうがいいかもしれません。

まとめ

iPhoneなどのスマホの分割購入の審査に落ちる人は、料金の滞納をしている人が多いです。その料金の滞納が、NTTドコモなどの携帯キャリアの審査に落ちる原因になります。

携帯キャリアの審査は、ブラックリストの人でも審査に通る可能性はあります。しかし、携帯料金の滞納の人には厳しいです。一度支払いを済ませた後で申し込むようにしたほうが、審査に通る可能性が上がります。

一部ネットで出回っていた、消費者金融のカードローンのように、年収や勤務先などで審査をされるわけではありません。