「個人信用情報機関であるCIC、JICC、KSCの3社はブラックリストを共有している」

そういった話を聞いたことはあるでしょうか?

個人信用情報機関がブラックリストを共有しているのであれば、必ず審査に影響します。本当のところはどうなのでしょうか?

CRIN(クリン)でブラックがバレる?

CRINとは個人信用情報機関であるCIC、JICC、KSCの相互交流ネットワークのことです。

例えば、JICCにしか加盟していない消費者金融であれば、当然CIC、KSCの情報は見れません。

JICCには消費者金融系の情報しかありませんので、申込者が過去に銀行のローンを滞納していたり、クレジットカードの支払いが遅れていたりしても分かりません。

同じようにKSCにしか加盟していない銀行などは、消費者金融やクレジットカードの金融事故などの情報は分かりません。

そのようなことがないように、CIC、JICC、KSCの3社で金融事故情報を共有しましょうという目的で、CRINはできました。

多重債務者や過剰な融資を防ぐ目的で、CRINがつくられたというのが名目のようです。

ではCRINを見れば、すべての金融事故情報が分かるのでしょうか?

CRIN(クリン)にはすべての金融事故情報が載っているのか?

CRINについて、ネットではこのように言われています。

「個人信用情報機関に加盟している銀行、クレジットカード会社、消費者金融は、CRIN(クリン)ですべての金融事故情報を共有している」

もし、CRINですべての金融事故情報が載っているとすれば、個人信用情報機関に加盟している金融会社であれば、過去に延滞や債務整理を起こしたことなどはバレバレになります。

そうなると、確実に審査が厳しくなる要因になってしまいます。

しかし実際は、CRINにより金融事故情報すべてが共有されているわけではないようです。

もし、すべての金融事故情報が登録されているとすると、債務整理をした人は、10年間はカードローンやクレジットカードの審査に通ることはできないはずです。

なぜなら、債務整理をしたことはCICとJICCには5年間登録されます。つまり5年経てば、債務整理をしたことは分からなくなります。

ここで問題になるのが、KSCは債務整理の情報を10年間保持するという点です。

CICとJICCでは5年経てば債務整理をしたという情報は消えます。しかしKSCでは債務整理をしたという情報が10年間残っています。

CRINでこの情報が見れるのであれば、KSCが債務整理をしたという情報を消さない限り、10年間はCICとJICCにも債務整理の情報が残ることになります。

つまり、10年間はカードローンやクレジットカードの審査には通らない可能性が非常に高くなります。

しかし現実では5年経てば、消費者金融のカードローンの審査に通る人も多くいますし、クレジットカードを持つことができた人も多くいます。

どうやら、CRINでは過去の債務整理の情報は見れないようです。

仮にCRINですべての金融事故情報が見れるのであれば、個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCの3社も必要ないことになります。

そういった理由から、CIC、JICC、KSCの3社で、すべての金融事故情報を共有しているとはいえません。

CICとJICCはさらにFINE(ファイン)も見れる

CRINは聞いたことがある人も多いかもしれませんが、FINEに関してはそこまで聞いたことはないと思います。

FINEはCICとJICCの相互ネットワークのことです。

FINEでは、氏名や住所などの本人識別情報や残高情報などを共有しています。

FINEのやっかいな点は、例えばCICがFINEを見れば、消費者金融の利用残高がわかる点です。

クレジットカードの利用がなく、CICに何も情報が載っていなかったとしても、FINEを見れば消費者金融の借り入れ状況が分かってしまいます。

もし消費者金融で年収の3分の1以上の借り入れがあった場合は、クレジットカードの審査に落ちる可能性は高いと言えます。

とはいえ、現在の属性が悪くなければ、消費者金融で年収の3分の1以上の借り入れがあることを知っていたとしても、クレジットカードの審査に通ることはまれにあります。

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制対象ですが、ショッピング枠は総量規制対象外です。

消費者金融で年収の3分の1以上の借り入れがある、またはそれに近いくらい借り入れがある場合は、キャッシング枠はゼロで申し込むことをおすすめします。

ショッピング枠もできれば、20~30万円程度にしておくことをおすすめします。

まとめ

個人信用情報機関のCIC、JICC、KSCはCRIN(クリン)で金融事故情報を共有しています。とはいえ、すべての金融事故情報を共有しているわけではなく、見れない情報もあるようです。

CICとJICCはさらにFINE(ファイン)というネットワークでもつながっています。FINEでは残高情報などを共有しており、「消費者金融でいくら借りているか」などがわかるようになっています。

すべての情報が筒抜けというわけではありませんが、ウソを書いてもバレるような仕組みになっていますので、正直に申込みをするようにしてください。