未成年の子供がした借金は親が返済しないといけないのか?」で、未成年者が親の同意なしにした金銭の借り入れ契約は取り消すことができるとお話しました。

では、自分の子供が成人していた場合はどうなのでしょうか?

子供の借金の返済義務は?

やはり自分の子供の借金なので、最後は親が返済しないといけないのでしょうか?

実は、法律的に親に子の借金の返済義務はありません

「お前の子供の借金なんだから親であるお前が払うのがスジだろうがっ!」

私もそんなシーンをテレビで見たことがあります。

しかし、親が保証人や連帯保証人になっていない限りは、法律的に親に返済の義務はありません。

親族の借金の返済義務は?

これは親だけではなく、兄弟などの親族の場合や恋人など、親しい関係の場合でも当てはまります。

保証人や連帯保証人でなければ、「子供であろうと兄弟であろうと他人が勝手に借金しているだけ」ということになります。

本来、消費者金融やローン会社が支払い義務のない親族などに対して「借金返済しろ!」と支払請求することは、法律で禁止されています

c21条1項(取り立て行為の規制)に「債務者等以外の者に対し、債務者等に代わって債務を弁済することを要求すること」とあります。

クレジットカード会社の場合であれば、資金業法のような法律や罰則はありませんが、経済産業省から同じような内容で通達が出ています。

悪質な業者への対処法

もし悪質な業者などから、自分が支払い義務がないのに取り立てにあっている場合、対処法があります。

この場合は、悪質業者に対して取り立てを止めるように警告する警告書を内容証明郵便で出せばいいでしょう。これで普通なら取立ては止むはずです。

それでも取立てが止まない場合は、業者を監督する行政庁に苦情の申し立てをします。

場合によっては、慰謝料請求などの損害賠償請求訴訟を起こすことも視野に入れます。

このあたりの話になると自分の力だけでは難しくなりますので、弁護士や司法書士に相談したほうがいいと思います。

まとめ

自分の子供が成人していた場合でも、親には子供の借金に対して返済義務はありません。親族や恋人の場合も同様です。

保証人や連帯保証人になっていない限りは関係ありません。

「子供の借金なんだから親が払え!」と言ってくる悪質な業者に対しては、内容証明郵便を出すなど、毅然とした態度で臨みましょう。