自分の夫、つまり自分の配偶者がした借金は、妻が支払う義務があるのでしょうか?

配偶者の借金返済義務は?

結論から言うと、基本的には自分の夫の借金については、連帯保証人になっていなければ、妻に返済義務はありません

しかし、ケースによって異なります。

民法761条(日常の家事に関する債務の連帯責任)を見ると下記のような文があります。

「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。」

つまり、日常の家事に関して生じた債務というのは、「米代などの食料費」「夫婦や家族の洋服代などの衣料品」などの生活必需品の購入費は夫婦が生活をする上で必要な費用です。

他には支払い義務はある?

他にも「電気代やガス代」「子供の教育費」「家族の医療費」「賃貸であれば家賃」などです。

こういった費用は、例えば夫名義のクレジットカードで支払いをしていた場合でも、妻にも支払いの義務は生じます。

夫が勝手に高価な物を買ったり、ギャンブルをして使ったお金に関しては、妻に支払い義務はありません。

このあたりは、そのケースによって判断されますので、線引きが難しいこともあります。

特に借金返済のための借り入れは、基本的には配偶者に支払い義務はありませんが、ケースにより支払い義務が生じる場合もあります。

離婚問題などが絡んでくれば、このあたりの話がこじれてきますので注意が必要です。

配偶者が借金を残して亡くなった場合

他に注意すべきところは、自分の夫が借金を残して亡くなった場合です。

マイホームなどの財産がなければ、借金も含めて相続放棄してしまえば、夫の借金の返済義務も放棄されます。つまり支払い義務はありません。

ここでの借金とは、夫名義のローンや消費者金融からの借り入れ、クレジットカードの支払いなどです。

マイホームなどの財産がある場合は、夫名義のローンや消費者金融などキャッシングなどの借金も含めて相続することになります。

住宅ローンに関しては、団体信用生命保険(団信)に加入することになるでしょうから、夫が亡くなった場合、保険金で住宅ローンは全額支払ってくれます

住宅ローンの心配はしなくても大丈夫でしょう。

相続することでプラスになるのかマイナスになるのか、見極めが必要ですね。