親しい間柄であれば、お金を貸したり借りたりする場合でも、いちいち借用書を作成するようなことはないと思います。

むしろ「借用書を書いて」と言うと、「俺のこと信用してないのか!?」と言われそうです。

しかし、後々のトラブル対策のためにも借用書は作成したほうがいいと思います。

もしあなたが親しい友人に10万円貸したとします。その友人があなたからお金なんて借りてないと言ったらどうなるでしょうか?

腹が立って10万円を取り返すために裁判を起こしたとしても、何も証拠がない場合は貸したお金を取り返すのはなかなか大変です。

「絶対に返すから」と約束したとしても、その場の口約束はその場限りのものです。借りた相手が悪質で「あなたからお金なんて借りてない」と言ってしまえばそれまでです。

こういったトラブルを防止するために借用書は絶対に作成することをおすすめします

借用書は必ず作成すべき

借用書の作成を嫌がる相手であれば、どんなに親しい相手でもお金を貸すべきではありません

借りたお金を絶対に返す気があるならば、お金を借りたい人から「借用書を書く」と自分から言ってくるはずです。

では借用書はどのように作成すればいいのか?

実は難しいことではなく、書いておくべきことさえ書いておけば特に問題はありません。

逆に「借金返済できない場合は腎臓を売る」などと非常識な内容が書かれてあれば、無効になることもあるようです。

当たり前のことを当たり前に書いてください。

借用書に書いておくこと

借用書に明記しておくべき内容は、契約日、借り入れ金額、返済方法、返済時期、利息、遅延損害金などです。そして借り主の署名・捺印は絶対に必要です。

金額が高額な場合であれば、連帯保証人をつけた方が安心できると思います。この際も連帯保証人の署名・捺印は必要です。

署名に関しては、印刷などではなく絶対に手書きで書いてもらいましょう。捺印は実印を押してもらいます。

理由は、署名が印刷の場合かんたんに偽造できるため、借用書が無効にされる可能性があります

捺印も同じように、認印ではどこでも誰でも買えますので、同じく借用書が無効にされる可能性があります。

「その借用書は見たことがない。自分の知らないところで勝手に名前を印刷されて、勝手に印鑑を押された。印鑑は実印ではないので、この借用書は無効だ!」

こう言われてしまったらそれまでです。

直筆による署名と、実印での捺印は必須であると覚えておいてください。

金額を書くのにも注意が必要

金額を明記する場合も注意点がひとつあります。

100万円貸す場合は、1,000,000円也ではなく、壱百萬円也と漢数字で明記してください。

これは数字の偽装を防ぐためです。貸す立場であればまだいいですが、借りる立場であればゼロをひとつ増やされると大変なことになりますから。

他に気をつけるべき点は、お金は手渡しではなく口座振込みにして証拠を残すことや、領収書を作成することです。

領収書にはお金を貸した側の署名・捺印・契約終了日が書いてあれば問題ないでしょう。

たかがお金の貸し借りで、人間関係が壊れることも多いので十分に注意が必要です。

借用書がない場合は?

借用書がない場合、借金を踏み倒される可能性があります。そのならないためにもあなたがお金を貸した証拠を集めておく必要があります。

メールやlineでのやり取り、通帳の記録、第三者の証言などを集めておきましょう。

貸したお金の時効は10年なので、時効になる前に「貸したお金を返してください」といった内容の内容証明郵便を送る必要があります。そして支払督促制度の手続きをする必要もあります。

本当はそうなる前に相手の実家に行くなどして、本人や相手の親を含めて借用書を作成するなどするほうがいいでしょう。確実にお金を返してもらうためには。

金額が少ない場合は、裁判の手続きなどでお金を時間を取られますのであきらめたほうがいい場合もあります。金額が大きい場合は、弁護士に相談することをおすすめします。