総量規制が原因で、消費者金融や信販会社からは「年収の3分の1以上の借り入れができない(おまとめローンなどを除く)」という話をしました。

「年収」がカードローンの審査で一番重要なのか?

カードローン審査の際に総量規制で判断されるのは「他社借入金額」です。

消費者金融や信販会社は、「今現在、年収の3分の1以上の借り入れがなければ、まだ融資をできる枠がある」と判断します。

しかし、年収の3分の1以上の借り入れがなくても「他社借入件数」が多ければ、それだけで審査に落ちることがあります

「他社借入件数」が多ければ審査に落ちる?

「他社借入金額」が多ければ審査に落ちるのは、よく分かると思います。単純に、「あちこちでお金を借りている人にはお金を貸したくはない」と判断されるのは当然のことでしょう。

しかし「他社借入件数が多いから審査に落ちる」というのはピンとこない人も多いかもしれません。

カードローンに申し込んだ経験がある人はわかると思いますが、他社借入件数はほぼ必ず聞かれる項目です。

この他社借入件数は、実はカードローンの審査ですごく重要な評価ポイントです。他の属性がよくても他社借入件数が多いだけで審査落ちされるほど重要視されています

例えば、下記の二人を見てみましょう。

  • Aさん:年収300万円(借金50万円を1社から借り入れ)
  • Bさん:年収1000万円(借金50万円を5社から借り入れ)

それでは、AさんとBさんのどちらが評価が高いでしょうか?

一般的に考えると、年収の高いBさんのほうが評価が高そうです。しかしカードローンの審査では、Aさんは審査に通り、Bさんは審査に落ちるということが現実にあります。

カードローンの審査では下記のように判断されます。

  • Aさん:年収300万円だが、50万円を1社から借りることができる人
  • Bさん:年収1000万円だが、50万円を5社からしか借りることができない人

この結果、年収は低いが他社借入件数が少ないAさんのほうが、評価が高くなるというわけです。

では、他社借入件数が何件あると審査に落ちるというボーダーラインはあるのでしょうか?

「他社借入件数」は何件まで大丈夫なのか?

他社借入件数が多いと審査に不利になるという話をしました。

消費者金融や銀行などは「他社借入件数が何件あると審査に落とします」という明確なボーダーラインを教えてくれることはありません。

一部の中小の消費者金融であれば、そのような対応をしてくれるところもあります。ですが銀行や大手消費者金融などは絶対に教えてくれません。

しかし、ある程度の判断はできます。

他社借入件数0~2件

銀行や信販会社、大手消費者金融、中小消費者金融、基本的にどこでも問題ないレベルです。「他社借入件数」の審査項目で落とされる可能性は低いです。

他社借入件数3件

ここからが微妙なラインです。現在3社から借り入れをしている状態なので、ここで消費者金融などに申し込みをした場合4社目となります。多重債務の入り口と考えられています。

審査には少しマイナスポイントになります。一部の審査が厳しい銀行や大手消費者金融では足切りにあうこともあるでしょう。

多少審査が甘い銀行や大手消費者金融なら、他にマイナスポイントがなければ審査に通るのはそう難しくはありません。

中小消費者金融なら問題ないと判断される可能性が高いです。

他社借入件数4~5件

他社借入件数が3件までと設定しているところには審査落ち、他社借入件数が4件までならギリギリOKというラインです。

口コミで「審査が厳しい」と言われているような銀行や消費者金融は避けたほうがいいでしょう。

他社借入件数が5件になると、はっきり言って審査で確実にマイナスポイントになります。

100%無理とは言いませんが、銀行や大手消費者金融では審査に落とされる可能性が高いです。中小消費者金融なら何とか審査通過できるところもあります。

他社借入件数6件以上

銀行や大手消費者金融では、ほぼ確実に審査に落とされるでしょう。申し込みはやめておいたほうがいいです。

ここまで多くなると、中小消費者金融でも一部しか審査に通りません。

「他社借入件数」を減らせば審査に通りやすくなる

今までの説明から分かるように、一般的にカードローンの審査に通るのは借入件数3件~4件までです。5件以上は厳しいです。

借入件数5件以上になってくると、審査に通らないだけでなく、今まであった借入枠がゼロになったりもします。

借入件数5件以上の人は多重債務者であると判断されます。そんな人にお金を貸してくれるわけはありません。

なので、何とかして借入件数を減らしましょう。基本的にはどこからも借りずに返済だけ頑張ってください。

おまとめローンを利用するのもひとつの手です。おまとめローンなら総量規制対象外ですから、消費者金融からでも年収の3分の1以上借りることができます。

しかもおまとめローンは金利が低く設定されています。おまとめローンに借り換えることができれば、金利が下がるケースが多いので支払総額は下がります。

借入件数が少ないのであれば、銀行のおまとめローンをおすすめします。

借入件数が多い場合は銀行では審査に通るのは厳しいです。その場合、中央リテールのようなおまとめローンに強い中小消費者金融を狙ったほうがいいでしょう。

中央リテール(公式サイト)

まとめ

カードローン審査の際に総量規制で判断されるのは「他社借入金額」ですが、「他社借入件数」も非常に重要視されます。

消費者金融や銀行などは「他社借入件数は○件までしか審査に通さない」という決まりを作っています。これは当然聞いても教えてくれません。

会社の規模や口コミなどで判断するしかありませんが、「他社借入件数」が多いと審査に不利なことは確実です。

「他社借入件数」が多くて審査に通らないような人は、親から借りて返済するか、おまとめローンでまとめるなどの「他社借入件数」を減らす工夫をする必要があります。

それすらできない人は、そのまま自力で返済を続けていき返せるところから返してください。

「他社借入件数」さえ減らせればカードローンの審査に通る可能性は確実に上がります。