転職したばかりの人は、カードローンの審査が不安と感じる人が多いようです。

事実、審査落ちしている人が多くいます。審査落ちする原因のひとつに「勤続年数」が短いという点が挙げられます。

転職したばかりの正社員だけではなく、アルバイトやパートで勤続年数が短い人も審査に通らない人も多いです。

勤続年数が短いと、なぜ審査に落とされるのでしょうか?

そして、「勤続年数はどれくらいあれば審査に通りやすくなるのか」、「勤続年数が短い場合はどう対応したらいいのか」を解説していきます。

「勤続年数」が短かいと評価が低い理由

消費者金融や銀行がお金を貸したい人は、「安定収入がある人」です。

勤続年数が短いと、「今後安定した収益が見込めない」と判断されてしまうため評価が低くなります。

たとえ転職先の給料が以前よりよくても、「勤続年数が短いから」と審査に落とされることも少なくありません。

その給料を継続してもらえるかどうかは分からないため、積極的に融資をするわけにはいきません。

「今の仕事もすぐに辞めてしまうのでは?」と判断されることもあります。

逆に「勤続年数」が長ければ、安定した収入を得ていると判断され評価ポイントが上がります。

カードローンの審査で勤続年数を全く見ないということはありません。年収同様、必ずチェックされる項目です。

年収が高くても「勤続年数が短いから」という理由だけで審査に落とされる可能性もあります。なので、必ず自分の勤続年数はチェックしたうえでも申し込みをしましょう。

審査を通過する勤続年数の目安

勤続年数3年以上

勤続年数は全く問題ありません。審査で評価が上がります。10年以上だとこの項目では最高点がもらえるでしょう。

勤続年数1年以上3年未満

基本的に問題ありません。審査では十分合格ラインといえます。自営業の場合は最低ラインと考えたほうがいいでしょう。

勤続年数半年以上1年未満

微妙なラインです。金融機関しだいですが、ここで足切りされることもあります。

あくまで目安ですが、銀行のカードローンの場合は1年以上ほしいところです。審査にマイナスと考えたほうがいいでしょう。

しかし、どの銀行でも絶対に審査に落ちるわけではありません。この勤続年数でも審査に通る銀行もあります。

消費者金融なら半年以上あれば何とかといった感じです。厳しめの消費者金融なら足切りにあうこともあります。

勤続年数半年以下

勤続年数という評価ポイントで見れば、確実にマイナスです。

しかし、中には勤続年数3か月程度でも審査に通る消費者金融もあります。

たとえば、新入社員がこのケースに当たります。入社して間もないので勤続年数は少ないです。

しかし、正社員でボーナスがある会社の場合や公務員などであれば、勤続年数3か月ほどでも審査に通るケースがあります

勤続年数が短い時はどうしたら良い?

一番簡単なのは、1年以上働いてから申し込むことをおすすめします。消費者金融に申し込むなら最低半年です。

しかし、今すぐお金が必要な人はそうも言ってられないでしょう。なので、申込先を厳選する必要があります。

基本的に銀行カードローンに申し込むなら、勤続年数1年以上ほしいところです。

しかし、スルガ銀行カードローンの「リザーブドプラン」なら公式サイトに「勤続(事業)年数が1年未満でも申し込み可能」と記載されています。

公式サイトをよく調べてみると、そのような有益な情報もありますので調べてみることです。

それから、「申込金額を低く抑える」というのも有効です。金額が少なければ、「ほかの属性が悪くないから少額融資してみよう」という判断がされることもあります。

少額でも審査に通れば、あとから融資額を上げてもらうことも可能になります。

まずは10万円ほどで申し込み審査に通ったら、数か月まじめに返済だけします。そうして信用を増したところで、段階的に融資額を上げてもらうというような流れになります。

転職後で勤続年数が少ない場合は、今後のステップアップのための転職ということを担当者にうまく説明しましょう。正当な理由があれば問題ないと判断されることもあります。

まとめ

勤続年数が少ない人は、基本的には審査にマイナスになるということを覚えておきましょう。勤続年数1年以上を最低ラインとして考えて申し込むようにすれば、評価のマイナスは避けられます。

勤続年数3年以上ある人は、この項目は何も問題ありません。評価にポイントプラスを考えていいでしょう。

勤続年数1年未満なら、銀行より消費者金融に申し込むほうが無難です。スルガ銀行カードローンのリザーブドプランのように「1年未満でも申し込みOK」の銀行を探すのもひとつの手です。

カードローンの審査は「勤続年数」だけを見て判断するわけではありません。そのほかの年収や勤務先の情報なども総合的に判断して審査をします。

勤続年数が少ないことで評価を落としても、ほかの属性がよければ十分にカバーできます。