私はイベント業界で働いている40歳の男性です。

お小遣いが非常に少ないので、毎月同僚との飲み会の時にお金が足りない時が非常に多く、その都度妻に頭を下げてお金を借りていた人生を送っていました。

私の会社の同僚にこのことを話してみると、同僚から「カードローンを利用して足らないお金を工面している」と聞かされました。

私はそれまで、カードローンというものはなんだか怪しいものであると思っていました。

ですが、同僚の話を聞くとそれほど怪しいものではなく、非常に便利でお金に困ったときに非常に役に立つものと納得できました。

アコムに申し込んでみた

私は2010年にアコムにカードローンの申し込みをすることになりました。

アコムはその当時コマーシャルで宣伝もしていましたし、会社の同僚もアコムを利用してい安心できると思ったことが大きな理由です。

年収がその当時300万円ぐらいありましたので、90万円ほどの限度額で審査に通ることになりました。

審査はインターネットで申し込みをして2時間ぐらいで審査合格の通知が来ました。

私は面接みたいなものがあるのだと思っていましたが、本当に何もすることもなく簡単に審査に合格してびっくりしたことを思い出します。

イベント業界では10年近く働いていましたし、一戸建ての持ち家がありましたので審査もまったく問題なかったと考えています。

カードローンは勤続年数や年収が大きく関係していきますので、私は思ったよりも多くの限度額を借りられたことから非常に満足することが出来ました。

社会人には必須アイテムかも

金利は18%でありましたが、ほとんどお金を借りて数ヶ月以内には返済を心がけるようにしていましたので、それほど返済で困ったことはありません。

飲み会でお金がたりずに苦しい時には、1万円ほど借り入れするだけですので、お金があるときに一括で返済するようにしています。

今までの借入件数は5回ほどで、まったく遅延をすることはなく大変便利にアコムを利用することができています。

コンビニすぐにお金を引き出すことが出来ますので、本当に便利であります。社会人になってカードローンを1枚持っておくことは安心につながります。

今後もアコムを利用しながら幸せな社会人生活を送って行きたいと思っています。本当にカードローンにはびっくりするぐらい助けられました。