私は約3年前にカードローンを利用しました。

その理由は、ちょうどアベノミクスで株が上がってきている状況で、今が株や為替をするチャンスだと思ったからです。

家の貯金を使うとしても妻の反対がありましたので、一番手っ取り早く借りることができる消費者金融のカードローンを利用しました。

借りた消費者金融はアイフルで、金額は150万申し込みました。アイフルを選んだのは「どうする、アイフル~」のCMが印象深かっただけで、特にこだわりなく選びました。

当時の私の状況

その時の私の状況は、30代男性の会社員で勤続は約12年、年収は600万円ぐらいでした。住居は賃貸マンションで6年住んでいました。

小遣いは3万円で、たばこや飲み代でほぼなくなってしまうくらいで、財布のひもは全て妻に任せていました。だからこそ、なかな家の貯金を使い投資するには妻の理解がないとできませんでした。

申し込みは携帯でアイフルのネットサイトを見て仮審査を申請しました。

すると、翌日ぐらいにアイフルの担当者より連絡がありました。

そこで聞かれたのは、利用目的、他社などの借入金額、勤務先の状況、年収で、あとは基本的に仮審査で記入した内容の確認が中心でした。

そこで言われたのが、年収を確認するための源泉徴収票をメールのファイルかFAXで送付してほしいとの内容でした。

私は源泉徴収票を携帯のカメラで撮影し、それを保存した上で、アイフルのネットサイトから送付しました。

在籍確認の電話

また、勤務先の確認のため勤務先に電話をしてもいいかと言われました。名前は「アイフル」の名前を出さず、個人名で電話しますとのことでした。

もちろん「いいです」と言うと、その後すぐ個人名で電話がかかってきました。

それらの手続きが終わってから、数時間してからアイフルから融資しますとの電話がかかってきました。

融資する旨の契約書を自宅に送付するとのことでしたが、私は自宅に送付されると困るので、最寄りのアイフルの担当支店まで取りに行き、契約書とカードを受け取りました。

契約の限度額は150万で年利15%でした。

すぐに借りることができますのでと担当支店の人に言われ、その後、投資資金として利用することになりました。