私は2015年の9月頃に、モビットに申し込みを行って借り入れをしました。

カードローンを利用した理由は、通勤やプライベートの移動の際に利用していた原付バイクが突然故障してしまい、急遽新しい原付きが必要になったからでした。

原付バイクは安いものではありませんし、急いで必要なものではあるものの、貯蓄に余裕がなかったのでカードローンを利用することにしたのです。

モビットに決めた私

利用限度額は、原付バイクと自賠責保険の料金を余裕を持って払える30万円で申請をしました。

モビットのカードローンに申し込みをしようと思った理由は、モビットであれば勤務先へ電話が掛かって来ないで、カードローンの契約ができるという情報を得ていたからです。

ネットで情報をキャッチした後、モビットの公式サイトへ行って確認してみると、幾つか条件はあるものの、確かに電話確認を省いて契約ができるということだったので、モビットから借りようと思ったのです。

キャッシングの申込をした当時の私は、20代後半の男性で年収は300万円台前半、職業が金融機関職員でありキャッシング歴はありませんでした。

会社への勤続年数は6年と数ヶ月であり、賃貸マンションで暮らしていて住居年数は4年でした。

職場に電話が嫌でWeb完結申込

私は電話が掛かって来ないで契約ができる、Web完結申込というという方法で申し込みを行いました。

申込の際に最も骨が折れたのが書類の準備でした。

まず市役所へ行って所得証明書を取得し、その後はデジカメで運転免許証・所得証明書・健康保険証・一番新しい給料明細、この4つの書類を撮影し、パソコンに取り込みました。

Web完結申込をするためにはこれらの書類の提出が必要だったからです。

また三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の預金口座が必要でしたが、こちらはすでに三菱東京UFJ銀行の口座を持っていたので、特に手間はかかりませんでした。

書類を揃えてネットで申し込みをした後は、半日程度で審査通過のメールが届きました。

その後は用意しておいた書類を提出し、無事に契約が済みました。因みに契約内容は利用限度額が30万円、実質年率が18.0%という内容でした。

モビット公式サイト