独身時代に消費者金融でキャッシングをしていたのですが、結婚を機に全て解約しました。

しかし、結婚するとお小遣い制の生活になってしまい、日々のやりくりが大変になり、ついに行き詰ってしまったので消費者金融からキャッシングすることにしました。それが2015年の6月でした。

モビットに申込みを決める

大手の消費者金融ならばほぼ金利などの返済条件も同じだったので、自分の給与引き落とし口座が三井住友銀行だったこともあり、グループのモビットから借りることにしました。

以前借りていたときに特に滞納の経験もありませんでしたし、年収も30歳で500万弱、会社も一応は上場企業で新卒から働いているところだったので、特に審査の心配もしていませんでした。

ですが、いざ審査となると少し心配もしましたが、何とか問題なく通過しました。

モビットの詳細はこちら

担当者から予想外の言葉が

家は賃貸でしたが、それが特に問題視されたということはありませんでした。

以前解約した消費者金融は3年ほど前だったのですが、当時の記録は残っていたようで、審査時の電話でも「以前借りられてましたが完済されてますね」の一言で終わりました。

借入額については、担当の人からは「100万円でも行けますよ」と言われました。

ですが、以前余裕をもって借りて返済で大変な思いをした経験があったことと、100万円の場合は所得証明書の提出も必要ということだったので、そういった必要以上の煩わしいことは避けようと思い、50万円で申し込みをしました。

「金利は信用状況がよければ少し低く設定してもらえるのかも」という勝手な淡い期待をもっていましたが、上限の18.0%とのことでした。。。

ついつい借りすぎてしまう

それから借りて数か月経ちますが、確かに生活には余裕ができました。

本当に困ったとき以外は使わないようにと心がけているのですが、どうしてもちょくちょく借りてしまって、上限金額に到達してしまおうとしています。

ただ、独身時代の苦い経験があるので、収支のバランスはかなり見れるようになったと思っています。

とにかく今はできるだけ早く返済してしまおうと思っています。