46歳/男です。初めてのキャシングを経験したのは30代の後半になります。いまから5年前の2011年になります。

私は工場勤務、工場といいましても製本の仕分けライン(ベルトコンベアー)流れ作業の仕事で立ちっぱなしで、ひたすらと、もくもく業務をこなして行く毎日の平凡生活をやっていました。

急な冠婚葬祭でお金が必要に

ある日、田舎の実家から連絡が入り「妹が結婚するので出席してくれ」といった話がありまして、おめでたい事なので参加することしました。

しかし困りました。手持ちの貯金はなし自分の生活のことしか頭になかった私は、お祝いで、おめでたい事なのに憂鬱に。

どうしようか悩み、会社は前借りの制度などないし、周りにこのことで相談できないし、でも大人がお金がないからお祝いの1つ出来ないなんて格好悪いし、生活の大ドンデン返しに。

そんな時に。新聞の広告に金融業者が載っていましたプロミスに目をつけました。

このプロミスは金融業界でも老舗の有名な大手になり、TVのCMでも流れていました金融のイメージは一昔前よりかなり変わり低金利、30日無利息など特典もあります。

昔は、サラ金のイメージは凄く重く、一般人のお借り入れは、敷居が高く相談も厳しいように思っていました。

昔の金融機関のターゲットは大手企業のイメージです。それが近年では一般の主婦、パートアルバイト、大学生などでも(一定の収入がある方)気軽に借り入れが出来るようになっています。

私はプロミスに申し込んで、このピンチを脱出しようと考えました。

プロミスの審査はどうだったか

私の当時の給料は、1日7000円で25日、約17万でした。年収にすると約200万になります。家賃は47000円の賃貸アパートで質素な生活をしていました。

消費者金融には少し抵抗もあったのですが、でもどうにもならなくて直にプロミスをお訪ねしたのです。

そのときの店内のイメージは明るく、女性のかたからスタッフみなさんが対応も早く雰囲気もいいし、なかなか始めての人でも入りやすかったです。

それと給料の額と年収の額などからの、お借り入れの相談と計算などもやってくれて、親切丁寧な対応でした。

カードローンの審査で15万円をお借りでき、審査の待ち時間は30分とスピーディーで意外に早い審査でした。

毎月の返済額は月5000円の24回自動ATMの支払いになります。

当時の会社での勤務年数は6年と、そこそこの勤続年数でした。アパートの居住も6年と、審査に不利になるような状況ではなかったと思います。

審査の詳細ははっきりは分かりませんが、仕事の収入と勤続年数と家賃額が重要だと思っています。

金利も普通並みで18%でした。契約時のやり取りは、さくさくって感じで契約が終わりましたので、非常に助かりました。

プロミス公式サイト