2014年の8月頃に、付き合っている彼女の誕生日プレゼントに高級ブランドのバッグをプレゼントしたいと思って、消費者金融からお金を借りる事になりました。

彼女にプレゼントを買うために

当時38歳で大手の自動車会社で働いていましたが、雇用形態が期間従業員で安定した収入はありましたが、それほど給料は高くありませんでした。

そのため、高級ブランドのバッグなど購入してしまったら、明らかに生活費がなくなるのは目に見えていました。

しかし私は男なので、ここは格好いいところを見せたいと思う気持ちもあって見栄を張ってしまいました。

出来るだけ早く借りたいという気持ちがありましたので消費者金融にする事にしました。

その中で、無利息サービスがあって顧客対応が良いと評判のプロミスを選びました。

プロミス<詳細>

プロミスの無人契約機へ

駅前にプロミスの自動契約機がありましたので、本人確認書類となる運転免許証を持参して自動契約機で申し込みました。

自動契約機の中には機械と電話が備え付けられていました。それで音声ガイダンスに従って機械を操作していきました。

途中で分からなくなっても、電話でオペレーターの方に質問出来たので助かりました。

本人確認書類をスキャナで読み取って提出した後に本審査に入りました。

他社からの借入件数もないし、勤続年数も12年で、賃貸マンションに10年住んでいるので、問題はないと思いながら審査の結果を待ちました。

1回だけ備え付けられている電話が鳴って、個人情報を再確認してきましたが、それ以外は特に何もありませんでした。

45分で画面に審査結果が

それで45分ぐらいしたら、画面に審査結果と利用限度額が表示されて契約書が印刷されました。

その後カードが発行されて、ATMで10万円ほど借り入れをしました。

金利は、最高金利が適用されてしまって、17.8%での借り入れになりました。

しかし初めての利用でしたので、最初の30日間だけは無利息で借りる事が出来ました。

しかし借りた金額が10万円でしたので、返済まで少し時間がかかってしまって利息も多く付いてしまいました。

無利息の期間があったからまだ良かったのですが、なかった場合は返済がもっと大変になってしまうのかなと感じました。

プロミスの詳細はこちら