2011年に生活費の補填が目的で、プロミスから20万円借入れをしました。(プロミスの詳細

借り入れをした理由

結婚式に向けてお金を貯めている時期に、友人の結婚式や国内の宿泊出張が重なってしまいました。

多くの出費が見込まれましたが、彼女に財布を管理されていて持ち合わせがありませんでした。

そのため、彼女に内緒で消費者金融のキャッシングカード作成に踏み切りました。

当時は27歳男性で、年収は500万円程度、職業は会社員です。

大学生時代に学生カードでキャッシングを利用した経験はありましたが、カードは既に破棄しており、プロミス以外からの借入れはない状況でした。

勤務年数は入社5年目、住居は賃貸マンション、居住年数は5年でした。

プロミスを選んだ理由

プロミスを選んだ経緯としては、消費者金融であれば即日の融資が可能である点や、大手消費者金融なので安心感があり、多くの場所にATMが設置されているので借入れや返済が手軽だと考えたからです。

申し込みはインターネットで行いました。

申し込みに必要な条件としては、20歳から69歳の安定した収入がある方という内容で、主婦や学生、パートやアルバイトの方でも審査をパスすれば利用が可能となります。

また、本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート)、50万以上の借入れや他社借入れ額と合計で100万円を超える場合には、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書等が必要になります。

プロミスから電話で審査結果の連絡があった

私の場合は、希望借入れ額を20万円に設定して審査を申し込み、後日電話で審査結果の連絡がありましたが、20万円の融資が可能という返答がきました。

その後契約となりましたが、契約方法はWeb、店舗、郵送から選択できました。

彼女にバレると困りますのでWebで申しむことにしましたが、時間としては店舗で作成するのが、最も短時間に作成できる方法だと思います。

金利は分割払いで返済していきましたので、17.8%となりましたが、一括で返済することができれば金利を抑えることができます。

現在でも万が一の事体に備えてカードを保有していますが、非常に便利な存在です。

プロミスの詳細はこちら