わたしが、カードローンを利用したのは、今までで1度だけです。

今年の2016年4月に、結婚式の費用をまかなうために、三井住友銀行カードローンを利用いたしました。

申込時の状況

借入希望額は、約100万円です。

借入時点の状況としては、30歳代男性、年収約500万円、会社員(営業職)、勤続1年未満、住まいは賃貸マンション(家賃9万円)で3年居住です。

借入は、他には無しという状態です。

心配だったのは、会社の事情で勤務先名称に変更があり、実質的には勤続年数はもう少し長かった(5年以上)のに、転職扱いになり、勤続年数が短いという点でした。

また賃貸に住んでいるという状況なので、収入から家賃分を考慮に入れられてしまうという点です。

三井住友銀行の担当者とのやりとり

審査時に、やはりその点が引っかかったので、会社への確認の電話が入りました。

これは在職確認の意味もありますが。ただ、担当の方は親切に細かい説明を聞いていただけたので、こちらの事情は理解いただいたようでした。

仮審査自体は、上記の年収や勤務先などの確認の電話後、その日のうちにOKと結果の電話が入りました。

ここまでも、スムーズな対応でした。

その後、借入希望日までに、身分証明書コピーと収入証明(今回の場合は源泉徴収票)コピーをFAX、その後本審査結果となりました。

事前に伝えている内容と相違がなかったので、本審査も無事OKが出ました。

その際の金利で、12.0%、100万円の借入です。月々の返済額を少なくするために、60回払いにしました。

楽天銀行にも申し込んでいたが

実は、三井住友銀行カードローンの借入を検討する前に、先に楽天銀行カードローンを申込みました。

確か金利が1ケタだったので、優先的にまず申込みましたが、事前のネットからの審査で翌日に不可の結果が出ました。

伝えた内容は、上記三井住友銀行カードローンと同様なので、こちらのほうが審査が厳しかったのだと思います。

審査結果自体だけが連絡が来るので、理由は不明ですが、おそらく、勤続年数が問題になったのではないかなと思います。

金利や手数料など様々ですので、まずはいろいろな金融機関に問い合わせや事前の借り審査を行い、仮審査でOKが出た内、金利や返済額、手数料などを考慮し、選ばれるのがいいかなと思います。