クレジットカードや消費者金融を利用して、借金返済に追われている人は少なくありません。

自力で何とかできる状態ならいいですが、支払いを済ませてすぐにカードローンを利用するような自転車操業に陥っている人は、なかなか先が見えません。

給料のほとんどを借金返済に充てているような状態では、精神的にもつらく、しかも借金の悩みはなかなか人には相談できません

親に頼ることができればいいのですが、親がお金を持っているとは限りませんし、貸してくれないケースのほうが多いでしょう。

借金返済のために数年間も自転車操業状態であり、しかも借金の額はほとんど減っていないような状態であるならば、もう債務整理を検討しましょう。

借金の悪循環

債務整理とは借金を法的に整理する方法のことです。下記のような手続きがあります。

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産
  4. 特定調停
  5. 過払い金返還請求

個別の説明はまた次回にするとして、今回は債務整理の大まかな説明をしたいと思います。

債務整理をすることで、法的に借金を減らすことができ、生活を正常の状態に戻すことができます。借金を完全にゼロにすることもできます。

自力でどうにもできないような借金問題を、一気に解決へと導く方法が債務整理です。

債務整理をすることは悪いことではありません。

特に下記のような悪循環を断ち切る必要があります。

このように最悪のケースになるくらいなら、できるだけ早く債務整理をして人生を再スタートするべきです。

何年間も借金返済で苦しみ、借りては返してを繰り返している人であればもう債務整理をしたほうがいいでしょう。

債務整理で人生の再スタート

債務整理をしている人は現実にたくさんいます。ただ、弁護士には守秘義務があるので周りに知られていないだけです。

そのため、あなたがもし債務整理をしたとしても、周りにそのことを知られることはほとんどありません

債務整理のデメリットで代表的なことは、債務整理をすると個人信用情報機関に登録されますのでブラックになることです

ブラックリストの情報が個人信用情報機関に登録されている期間、カードローンやキャッシング、クレジットカードの審査には通りません。

しかし、債務整理をすることで、借金を大幅に減額する、借金をゼロにすることが可能です。

債務整理の中には、マイホームや車を手放さなくていい方法もあります。

いつ返し終わるか分からない借金地獄から抜けられることを考えたら、数年間ブラックになることを恐れる心配はありません。

今現在の借金をいつ返済し終わるか計算してみて、明らかに先が見えないのであれば、今すぐにでも債務整理について弁護士や司法書士に相談してください。

弁護士は怖いイメージ

「債務整理をしたいけど、弁護士事務所に行くのが怖い・・・」

そう考えてしまい、なかなか弁護士事務所に行くことができない人は意外と多いようです。普段、弁護士や司法書士などの法律家に接する機会がなかなかないからかもしれません。

それに「多額の借金を作ったのは自分だから」といった後ろめたさもあるのかもしれません。

特に法律家はドラマなどでは、人の言うことを聞かないえらそうな人として演じられていることが多いです。確かに弁護士があのような人ばかりであれば、相談などとても行けないでしょう。

しかし、実際は弁護士にしても司法書士にしても一人の人間です。法律事務所に足を運んでみると分かりますが、結構普通のおっちゃんやおばちゃん、若い人がでてきます。

「弁護士が怖そうな人だったら嫌だな・・・」と思って入ったのに拍子抜けするかもしれません。

そもそも、借金返済に悩んで弁護士を訪ねているはずです。弁護士はあなたの味方です。

借金返済に悩んで気持ちが落ち込んでいるあなたを見て、「借金を作ったのはあんただからあんたが悪い」などとは言いません。

逆に「今まで苦労したね。私にまかせておけばもう大丈夫だよ。」と言ってくれるはずです。

なぜなら弁護士はプロとして長年多くの人の借金問題を解決しているわけですから、どう対処すればいいかをよくわかっています。

もし最初に相談に行ったときに、どうしても自分に合わない弁護士であれば、債務整理を依頼しなければいいだけです。そのときは他の法律事務所に行きましょう。

弁護士に債務整理を依頼すると

弁護士に債務整理を依頼すれば、遅くても次の日からは取り立ての電話はかかってこなくなります

弁護士が貸金業者に「あなたから債務整理を依頼されたから、今後あなたの借金については弁護士である私に連絡すること」といった内容のことを貸金業者に伝えるので、あなたに連絡ができなくなるというわけです。

相手が例え悪徳業者だったとしても、弁護士にはかないません。

それでもあなたに連絡がいくようなら、弁護士がその業者を訴えます。そうなるとその業者も仕事ができなくなるので、そんなことはしません。

あなたが今借金返済で悩んでいるなら、一度弁護士や司法書士に相談してみてはどうでしょうか。

相手は借金問題解決のプロですから、いい方法がきっとみつかるはずです。

特に債務整理を依頼して、電話がピタッと鳴らなくなったときのあの穏やかな感じは、本当に借金で苦労してきた人にしかわからない感動です。もっと早くに頼めばよかったと思うはずです。

まとめ

債務整理をすれば数年間はローンに通りません。しかし、長年の借金の悩みが解決します。周りの人に知られることもほとんどありません。

年収の半分以上借金があったり、利息だけ支払っている状態が何年も続いているようであれば、法律事務所の連絡先を調べてみましょう。

法律事務所は敷居が高いと思われるでしょうが、弁護士も普通の人間です。今抱えている借金苦に比べれば、弁護士と話をするぐらいなんてことないはずです。

弁護士に債務整理を依頼すると、消費者金融などからの督促の電話がかかってこなくなります。弁護士がそのように対応するからです。

初回相談無料のところも多いので、費用のことは何とかなります。「督促の電話にビクビクしている」、そんな人は、法律事務所に借金の相談に行ってみてください。