個人再生手続きとは、住宅ローン以外の借金を法的に圧縮する手続きのことです。債務整理の中では、平成13年4月に施行された比較的新しい制度です。

小規模個人再生または、給与所得者等再生のいずれかの方法を選ぶことになります。

負債総額5,000万円以下の住宅ローン以外の借金を、負債総額の5分の1か100万円のどちらか多いほうにするという債務整理です。負債総額5,000万円以上であれば個人再生は利用できません

借金総額300万円の人であれば、負債総額の5分の1で計算すると60万円になります。

個人再生の場合、その60万円と100万円のどちらか多いほうを選ぶことになります。このケースでは100万円のほうが金額が上なので、個人再生後の借金は100万円になります。残りの200万円は免除されます。

借金総額1,000万円の人であれば、負債総額の5分の1で計算すると200万円になります。

200万円と100万円の金額が多いほうは200万円なので、個人再生後の借金は200万円になります。残りの800万円は免除されます。

個人再生のメリットとデメリット

個人再生のメリット

  1. 依頼した時点で取り立ての電話はかかってこなくなる
  2. 個人再生手続きが開始するまで借金を返済する必要がない
  3. 自己破産のように職業制限がない
  4. 自己破産と違い、マイホームや車を残すことができる
  5. 自己破産と違い、借金の理由がギャンブルや浪費でも対応可能

個人再生のデメリット

  1. 官報に掲載される
  2. 3年間か5年間で返済できる見込みがなければできない
  3. 5~7年間は個人信用情報機関に登録されるのでブラックリスト扱いになる
  4. ブラックリストの間、カードローンやクレジットカードの審査には通らない
  5. 住宅ローンの残額が多い場合は再生計画が立てにくい
  6. 他の債務整理と比べ弁護士費用などが比較的高額
  7. 安定した収入があり破産に準ずる経済状態にある必要がある

車やマイホームを手放さない方法もある

「借金の額が比較的多く、任意整理では返済計画が立てにくい場合で、自己破産はしたくない」という場合に個人再生はおすすめです。

個人再生のいいところは、車やマイホームを手放さずに返済計画が立てることもできる点です。

自己破産の場合は、車やマイホームは手放すことになるので、その点がネックと思い債務整理ができない人にはおすすめの制度です。

返済期間は3年から5年で返済計画を立てていきますが、基本的には3年です。現実的に100万円程度の支払額になる人が多いので、毎月の支払額は3万円程度です。

個人再生を選ぶくらいですから、毎月の支払額が10万円以上になっていた人も少なくないでしょう。10万円が3万円になれば、生活も楽になるはずです。

住宅ローンの場合、元本を減らすことはできませんが、70歳までの完済を条件として、支払い期限を10年間延ばしてもらうことが可能です。

問題は、支払いがまだ終わっていないローン中の車です。この場合車をあきらめる必要があります。

まだ車のローンが終わっていない人で、どうしても車を手元に残したいのであれば、任意整理を選ぶほうがいいかもしれません。

ただしローン中の車でも、代理人を探してその人の名義でローンを払い続けてもらうことができれば、車を残すことも可能です。このあたりは弁護士や司法書士に相談するとうまく対処してくれるでしょう。