自己破産する上で、よく質問されるのは車の問題です。誰でも今ある車を手放したくはありません。

しかし、自己破産をすると絶対に車を手放さなければいけないのでしょうか?

田舎などは車がないと生活に困ることも多いですので、車を手放すかどうかは死活問題になります。

自動車ローンが残っているか

これは判断が難しく、まずは自動車ローンが残っているかどうかによっても異なります。

自動車ローンが残っているのであれば、その車の所有権はローン会社のものになりますので、車はローン会社に持っていかれ、売却されます。

そうやってそのローン会社は、あなたの借金を少しでも回収するというわけです。これはしょうがないことですね。

自動車ローンが残っていない場合は、車を手放さなくてもいいケースがあります

その車の価値が20万円以下であれば、車を自分の手元に残すことができます。

車の価値が20万円以上であれば、基本的には車を手放さなければいけません。

しかし、実は自動車ローンが残っている場合でも、支払いさえ継続できれば、ローン会社は車を持っていかないケースもあります。

ローン会社からすれば、継続して自動車ローンさえ払ってもらえればいいわけですから、双方にとってメリットがあります。

ただ、現実的に難しい問題になるのは確かです。他の債権者は自分のところの貸したお金をあきらめているのに、なぜそのローン会社だけお金を返してもらえるのか、という問題がおきます。

自動車ローンに保証人がついている場合は、その保証人に支払いを代わりに継続してもらうという方法もあります。このあたりは担当の弁護士や司法書士にアドバイスを求めたほうがいいでしょう。

車を手放すと仕事ができない人はどうなる?

中には、車を手放すと仕事ができない人もいると思います。そのような人のために、自由財産拡張の申立てという方法もあります。

「車の価値はあるが、仕事上車は不可欠なので、車を持っていかないで下さい」と裁判所に申立てをする方法です。これも担当の弁護士や司法書士に任せることになります。

基本的に自己破産をすると、車は処分する必要があります。

それが嫌なら別の債務整理の方法にするか、担当の弁護士や司法書士に「車を手放さなくてもいい方法はないですか?」と尋ねてみてください。

きっと力になってくれます。

まとめ

基本的には、自己破産をすると車を手放さなければなりません。しかし、自動車ローンが残っていない場合は、車を手放さなくてもいいケースもあります。

自動車ローンに保証人がついている場合は、その保証人に支払いを代わりにお願いする方法もあります。

自己破産をせずに他の債務整理であれば、車を残すやり方もあります。担当の弁護士や司法書士に相談してみましょう。