借金は返したいがもう自分の力ではどうにもならないから、債務整理をしたい。

しかし、家族にはバレたくない。家族に内緒で債務整理はできないのか・・・。そう考える人も多いようです。

自分の今の現状を考えると、もう債務整理をするしかない。

しかし、「家族にこのことがバレたら離婚されるかもしれない」、「債務整理をしたことが会社にバレたら会社にはいられない」と考えて、一歩踏み出せない人は多くいます。

自力で借金返済を考えるなら、おまとめローンなどで現在よりも低金利で借金をまとめる方法があります。しかしそれすら無理なら債務整理しかありません。

家族に内緒で債務整理はできないのか?

実は債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、家族に内緒にして債務整理をしたいかどうか、絶対に尋ねられます。

実際問題、家族に内緒で債務整理をする人は意外に多いです。

債務整理をすると弁護士や司法書士とのやりとりがあるから、家族には隠せないと思っている人も多いかもしれません。

しかし、そこは弁護士や司法書士が工夫して、依頼人の家族にはバレないようにしてくれます

例えば、電話連絡などは、弁護士や司法書士などとは名乗らずに個人名でかけてきてくれます。

債務整理で必要な書類なども、個人名で送ってくれるように配慮することも可能です。場合によっては会社に送ることも可能です。

しかし、債務整理をする上で家族の協力が必要な場合は、家族に隠して債務整理をすることは難しいかもしれません。

家族にバレないようするのは難しいケースもある

任意整理の場合は、比較的家族に内緒ですることもできますが、個人再生や自己破産の場合は、同居者の給与明細や源泉徴収票などが必要になってきますので、隠し通すことは難しいでしょう。

マイホームや車などの財産がある場合などに、債務整理のやりかたしだいで手放すことになりますので、そこでも隠し通すのは難しいでしょう。

他にも連帯保証人が家族の場合は、確実にバレます。自己破産をした場合、免責を受けて借金はゼロになります。

しかし、連帯保証人に支払いの義務が発生し、その借金の取り立ての書類などが連帯保証人にいきます。

本当は家族に現在の状況を打ち明けて、家族が一丸となって借金問題に立ち向かっていったほうがいいのは確かです。

それでも事情があり絶対に家族にはバレたくないのであれば、一度弁護士や司法書士に相談してください。

債務整理したことが会社にはバレないか

基本的に勤務先である会社にバレることはありません。ただ、いくつかのケースで、会社に自分から債務整理をすることを話さないといけないこともあります。

そのひとつが、「会社からお金を借りている場合」です。この場合、会社は債権者になりますので、債務者であるあなたが債務整理をすることが通知で届きます。

このケースの場合、できれば通知が届く前に上司に打ち明けるなどをしないと大きな問題になってしまいます。

債務整理をしたことで、会社を解雇されるようなことはありません。してはいけないように法律で決まっています。

ただし、自己破産をすることで就けなくなる仕事もあります。この場合は、自分からその仕事を辞めざるをえないかもしれません。

免責が決まるまで休職という形がとれればいいのですが、現実的には難しいと思います。

このようなケース以外は、会社にバレることはないと思います。債務整理で分からないことがあれば、弁護士や司法書士に相談してください。

まとめ

家族にばれないように債務整理をすることは可能です。家に電話する場合でも、弁護士とは名乗らずに、個人名で電話をかけれくれるような配慮もしてくれます。

マイホームや車などの資産がある場合は、家族に内緒にするのは難しいかもしれません。家族が連帯保証人になっている場合も、内緒に債務整理をすすめることはできません。

債務整理をしても勤務先には、基本的にはバレません。会社からお金を借りているケース、自己破産をすることで資格停止になるケース以外であれば、問題ないと思います。