ギャンブルや浪費による借金は、免責がおりないので自己破産できないと言われています。

「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと」という免責不許可事由がありますので、これはギャンブルや浪費による借金では自己破産できないことを意味します。

では、ギャンブルや浪費が原因の借金の場合は、あきらめて返せるはずのない借金を一生返済していかなくてはならないのでしょうか?

ギャンブルによる借金の場合は

ギャンブルによる借金は破産法の定める免責不許可事由にあげられています。わかりやすく言えば「借金の原因がギャンブルなら自己破産できませんよ」ということです。

ここでのギャンブルとは、パチンコや競馬、競艇などのことをいいます。

しかし、「はじめはちょっとパチンコや競馬にはまってやってたけど、それが原因で借金ができたから現在はやっていない」という人もいるでしょう。

例えば下記のようなケースであれば、ギャンブルが原因の借金でも免責される可能性があります。

  • ギャンブルによる借金がきっかけで、借金返済のために生活費が足りなくなり、足りない分を消費者金融に借金していたらみるみるうちに借金が膨れ上がってきて、もうどうしようになくなった

ただし、給料の半分ほどをギャンブルに使っていたような、常識の範囲を明らかに超えているようなケースでは免責はされないでしょう。給料の3分の1を超えなければ認められるケースもあるようです。

あなたがどれだけ反省しているか、家族の状態がどうなのか、などを総合的に裁判官が判断をして、裁量的に免責されることがあります。

「この自己破産をきっかけにギャンブルなんかやめて更正して生きていきたい」という意志を明確にして、破産手続きを協力的にすすめることができ、その姿勢が破産管財人に伝われば、ギャンブルが原因の借金でも自己破産できる可能性があります。

浪費による借金の場合は

浪費による借金もギャンブルと同じで、破産法の定める免責不許可事由にあげられています。この浪費とはどうようなことがあげられるのでしょうか。

  • スナックやバーなどで高価な飲食を繰り返した
  • ブランド物を買いあさった
  • 高価なエステに頻繁に通った
  • 頻繁に海外旅行に行った

上記のような項目が浪費とよばれる行為になります。つまり、収入に見合っていない贅沢な暮らしをしていたということです。

浪費の場合もギャンブルと同じく、「1ヶ月程度このような浪費をしたが、その借金をきっかけに返済が滞るようになり、借金返済のために借金をしていたら、返済できなくなっていった」ようなケースであれば、免責は認められ自己破産できるケースもあります。

金額については基準が難しいですが、ギャンブルの場合と同じく給料の3分の1以上浪費していなければ、認められるケースもあるようです。

ブランド物などの財産があるとみなされれば、処分対象になります。

更正する気があるのかを見られる

法的にはギャンブルや浪費が原因の借金では、自己破産は認められていません。

しかし、今現在ギャンブルや浪費を止めて、更正しようと努力しているところが認められれば、自己破産できるといえるでしょう。

ギャンブル依存症や買い物依存症の場合は、治療をして克服していることを認められることも大事です。そういった姿勢が見られないのであれば、ギャンブルや浪費が原因の借金は自己破産できないといえます。

当たり前のようにギャンブルや浪費でも自己破産できるようにしていたら、「ギャンブルで一発逆転を狙って失敗したから自己破産すればいいや」くらいの考えの人が増えるでしょうから。

どちらにしろ、ギャンブルや浪費で自己破産することを考えているなら、弁護士や司法書士に相談してください。最善の策を考えてくれると思います。

まとめ

基本的には、ギャンブルや浪費による借金は、免責がおりないので自己破産できません。

ギャンブルによる借金がきっかけで、生活費が足りなくなり、足りない分を借金していたようなケースであれば、中には認められるケースもあります。

ギャンブル依存症や、買い物依存症を克服しようとしているという姿勢を見せることも大事です。そういったことがなければ自己破産をすることはできません。