自己破産をした人はどれくらいの期間がたてば、また以前のようにクレジットカードを使うことができるのでしょうか。

それにはまず、当然ながらクレジットカードの審査を突破する必要があります。そのためには、色々と知っておいたほうが審査に有利になることがあります。

信用情報機関に残る自己破産の情報

まずクレジットカードの審査では、信用情報機関の情報を見ます。ここにあなたが自己破産をした情報が記載されているので、この情報が消えるまで待つ必要があります。

注意すべきは、信用情報機関によって自己破産の情報の保持期間が違うことです。主な信用情報機関は3つありますので、それぞれの自己破産の情報の保持期間は下記です。

  • CIC(債務整理の情報は発生日から5年間)
  • JICC(債務整理の情報は発生日から5年間)
  • 全銀協(債務整理の情報は決定日から10年間)

5年から10年間でブラックではなくなる

CICとJICCは5年で、全銀協なら10年で自己破産した情報が消えます。

このことから考えられるのは、CICとJICCだけしか見ないクレジットカード会社なら、5年後にはあなたが自己破産した記録はありませんので、5年後にクレジットカードが作れる可能性が出てきます

全銀協を見るクレジットカード会社であれば、残念ながら10年後まで待つしかないでしょう。

しかし、全銀協を見るクレジットカード会社はそう多くはありません。CICとJICCだけしか見ないクレジットカード会社が大多数でしょう。

ホワイトに気をつける

では、CICとJICCだけしか見ないクレジットカード会社であれば、5年経てばすぐに申し込んで審査に通るのでしょうか?

こればかりは何とも言えませんが、注意しておきたい点として、現状のクレヒスがホワイトだということです。

それなりの年齢で一度もクレジットカードを使った事ない人は少ないですし、信用情報機関に何かしらの支払い状況がある人がほとんどでしょう。

それがない真っ白、つまり「ホワイト」であれば、「過去に金融事故を起こしたのではないか」と疑われて、審査に落とされるということも実際に多くあります。

その対策としてクレヒスをつける必要があります。

スマホ購入でクレヒスをつける

しかしクレジットカードを持っていないのに、クレヒスをつけることは無理だと思う人も多いと思います。

実は携帯電話やスマホを分割で購入することで、クレヒスがつきます。携帯電話を分割で購入すると、ショッピングローン扱いになります。そうすると、その支払いを記録がCICに残ることになります。

自己破産をしてから3年後、携帯電話を分割で購入して一度も遅れずに支払いをつづければ、クレヒスに「$」マークが並んでいると思います。

CICのクレジット契約情報は更新されるまでに1~2ヶ月かかることがありますので、その点も頭に入れておいて下さい。

これだけでも完全に「ホワイト」の状態よりは、クレジットカードの審査に通る可能性が高まると思います。

まとめ

自己破産した人は、5年から10年たてばクレジットカードが作れるようになります。カード会社が信用情報機関の全銀協を見ないのであれば、5年でカードが作れるようになります。

しかし、現状クレヒスが真っ白の状態、つまりホワイトなので審査に通りにくい状態です。スマホを分割で購入するなどクレヒスをつけて申し込みましょう。

当然ですが、自己破産をした時に迷惑をかけたクレジットカード会社に申し込んでも社内ブラックなので絶対に通りません。迷惑をかけていないカード会社を狙いましょう。