債務整理をすれば確実に借金が減ります。自己破産の場合は借金がゼロになります。

毎月の支払額も激減したり、なくなったりします。貸金業者からの督促の電話などもなくなります。借金返済に悩んでいた日々がウソのようになります。

借金の苦労も知っているはずなので、もう二度と借金はしないと考えるはずです。

しかし、なぜ債務整理をしたにもかかわらず、また借金してしまうのでしょうか?

しかもヤミ金に手を出す人も少なくありません。

債務整理後は生活に余裕が生まれる

債務整理後は、生活に余裕が生まれます。月々の支払いが10万円以上あった人が自己破産をした場合、毎月10万円以上使えるお金ができることになります。

このお金の使い方に問題がある人が多いところがミソです。

普通の感覚で言えば、「今まで借金で苦労したので節約してこのお金は貯金しよう」と思うはずですが、なぜかそうはならない人が多いようです。

使えるお金が急にできた分、このお金を使ってしまうようです。

特に、「借金の原因がギャンブルやショッピングの人に多い」といえます。

こういった人たちは、また誘惑に負けてギャンブルをしたりムダに買い物をしたりするようです。すると歯止めがきかなくなり、またお金が足りなくなってきます。

債務整理後はどこも審査が通らない

しかし、債務整理をした人は5年~10年間はキャッシングやローンの審査には通りません。かといってお金を使いすぎて生活費が足りない。

そうなると、債務整理をした自分たちにも貸してくれる貸金業者はいないのか探します。

そこでヤミ金の登場です。DMに「ブラックリストOK」「債務整理後OK」というキャッチコピーを書いておきます。そうするだけで、お金に困った債務整理後の人が連絡してきます。

それで融資をするのですが、金利はトイチ以上です。それでも「債務整理をしてブラックリストな自分に貸してくれるとはありがたい」と感謝すらしてしまいます。

しかしトイチ以上の金利は甘くはなく、減らない借金を返し続けることになります。

そして債務整理をする前以上に、毎月の返済に悩むことになります。なにしろ相手はヤミ金なので、遅れずに返済しないとどんな嫌がらせをされるかわかりません

このようにして、債務整理でせっかく人生をやり直す機会が与えられたのに、また同じようなことを繰り返すというわけです。

債務整理をしたら「もう二度と借金をしない」と誓って、節度ある生活をしていきましょう。

まとめ

債務整理をすると借金が減りますが、その後の生活を改めないため、また借金生活に逆戻りしてしまいます。

しかも、ブラックリスト入りしているので、通常の消費者金融の審査に通りません。なので、闇金に手を出してしまうようです。

闇金に手を出してしまうと、異常な高金利のため、自力で抜け出すのは至難の業です。