「多額の借金があり、もう自力で返済できない状態なので債務整理を考えている。しかし、転職で不利になるかもしれないのでどうしようか迷っている。」

このように考えている人は意外に多いようです。

債務整理をしたことが会社にバレるのか

そもそも債務整理をしたことはどうやってわかるのでしょうか?

そのひとつに「官報に記載される」ということがあります。自己破産や個人再生をした場合に官報に記載されます。そして免責を受けたときに、再度官報に記載されます。

しかし、官報の存在を知っている人がどれだけいるでしょうか?

官報なんて一般の人はまず見ることはないと思います。官報に掲載されることで不利になることはほぼないでしょう。

ただし、官報を見ることがある仕事の場合は、不利になることもあるでしょう。

例えば、金融機関や官公庁で働く人は官報を見る機会があるでしょうから、関連する会社に転職を考えているのであれば、不利になる可能性は否定できません。

しかし、官報を見る機会がない仕事であれば、官報に記載されたことなど、転職や就職には関係ありません。

会社は信用情報を見るのか

債務整理をすると信用情報機関に情報が登録されます。その情報を見られてしまうのであれば、問題があることがわかるので、転職や就職に不利になるでしょう。

しかし、あなたの信用情報を勝手に見られることはありません。

信用情報機関の情報は、消費者金融でのキャッシングや銀行のローン、信販会社のクレジットカードなどの審査目的で見られます。この時も、あなたの同意が必ず必要です。

あなたが「信用情報機関にある私の情報を見てもいいですよ」と言わなければ、勝手に見ることはできません。勝手に見ると処罰されます。会社はそんなリスクを負うことはしません。

あなたの信用情報は、就職や転職のための身辺調査を目的に、勝手に見られることはありませんので安心してください。

もしも、「転職しようと思って受けた企業が、自分の信用情報を見たのではないか」と疑われているのであれば、信用情報機関に自分で情報開示してみるといいと思います。

その際に、自分以外の誰かが信用情報を見ていればわかるようになっています。

まとめ

債務整理をしたことは、「官報を見る」「信用情報を見る」のどちらかをすれば分かります。

しかし、官報は一般の人は存在すら知らないことが多いです。官報を見ることがある仕事以外は、問題ないでしょう。

信用情報については、本人の同意がなければ勝手に見ることはできません。それから、完済後5~10年経過していれば、借金をしていたという情報も消えます。