「消費者金融や銀行、クレジットカード会社などからの毎月の返済額が厳しい」

そういった悩みがある人も多いでしょう。

では、カードローンやキャッシングなどの毎月の返済額を変更することはできるのでしょうか?

返済額を変える方法

基本的には、「いくら以上の金額であればいくら支払う」といった決まりが消費者金融などの金融会社にはあります。

ここでは例として、モビットを挙げてみます。

「10万円以下の借入れなら、毎月の返済額は4,000円」「10万円以上20万円以下の借入れなら、毎月の返済額は8,000円」というように、基本的に返済額は決められています。

しかし、「今月はボーナスが入ったから多めに払いたい」という人であれば、追加返済もできます。この場合は特に連絡なしでできます。

問題なのは「急な出費があったからしばらく支払いがキツイ」といった場合です。支払いが厳しいからといって、勝手に滞納してしまうことが一番悪いです。

その場合、借入枠があったとしても枠がゼロになることもあります。そしてブラックにもつながります。

実は、毎月の支払いが厳しい場合などであれば、毎月の利息分のみの支払いも可能になります。返済日の変更もできます。

ただし、この場合は借入先の消費者金融などに直接連絡が必要になります。

必ず認めてもらえるとは限りませんが、半年以上今まで一回も遅れずに返済してきた実績があれば、大丈夫だと思います。

消費者金融などから見れば、滞納されるよりも毎月の返済額を減らしてでも、毎月しっかり支払ってもらったほうがいいに決まっています。

「毎月の支払いがきつくて、返済額を減らしたい」と考えている人は、一度借り入れをしている消費者金融などに電話してみてはいかがでしょうか?

注意点は、「返済日前に事前相談をすること」です。返済日が過ぎてからではなく、返済日前に相談するようにしてください。

おまとめローンで返済額を減らす

それから、「毎月の支払いがきつい」と感じている人は、借入件数が多い場合が多々あります。

1社だけの支払いであればたいしたことなくても、それが複数になると支払いが厳しくなるのは当然です。

例えば100万円の借入れがあったとします。それが1社だけであれば、毎月の支払額は3万円程度(モビットの場合)で済みます。

しかし、それが5社から20万円ずつ借入れをしている場合は、毎月の支払額は5万円以上になってしまいます。

毎月の支払額が多ければ多いほど、借金返済は進みますので、毎月の支払いがきつくなければその方がいいかもしれません。

しかし、毎月の支払いがきつい人、毎月の返済額を減らしたい人であれば、できるだけ1社にまとめたいところです。

これを「ローンの一本化」といいます。金融機関の商品名では「おまとめローン」などとも言います。

おまとめローンであれば、一般的な消費者金融のカードローンに比べると、金利も低くなることが多いです。複数の借り入れ先に返済するより、毎月の支払額も減らせます。

しかも、こういった「ローンの一本化」や「おまとめローン」は総量規制対象外ですので、年収以上の借金がある人にもチャンスはあります。

借入件数が少ない場合、銀行のおまとめローンを狙うと金利を下げることができますのでおすすめです。しかし借入件数が多いと、銀行や大手消費者金融の審査は厳しくなります。

借入件数が多い人(他社借入件数が5件以上)であれば、中央リテールのおまとめローンがおすすめです。

中央リテールのおまとめローンは他社よりも審査を甘くしています。ですが平日に東京の店舗に直接行く必要があります。その点さえクリアできるのであれば、本当におすすめです。

まとめ

カードローンやキャッシングなどの毎月の返済額や返済日を変えることはできます。連絡すれば必ず認めてもらえるとは限りませんが、まずは返済日前に事前相談をしてみてください。

明確な規定はありませんが、半年以上今まで一回も遅れずに返済してきた実績があれば、毎月の返済額や返済日の変更を認めてもらえる可能性は十分にあります。

毎月の返済額を減らしたい、金利を下げたい、といった希望がある人は、おまとめローンを検討しましょう。