事情があり、クレジットカードの引き落とし日やカードローンの支払日に、支払い金額が足りないこともあると思います。

その際は、「今月の支払いが遅れる」ということをクレジットカード会社や消費者金融などに連絡すれば、ブラックリスト入りしないのでしょうか?

連絡をしてもブラックになってしまう

これは、残念ながら連絡をしたとしてもブラックになってしまいます。つまり信用情報に延滞のマークがついてしまいます

「それならクレジットカード会社や消費者金融などに、支払いが遅れることを連絡しなくてもいいのでは?」

そう思った人もいるでしょうが、連絡は絶対にしておいたほうがいいです。

あくまでもお金を借りているのは自分という自覚も持たないといけません。

もしあなたが人にお金を貸したとして、その人が支払い期日に支払いもせず連絡もなかったら不安になると思います。それは、クレジットカード会社や消費者金融なども同じです。

実際にお金を借りたまま音信普通になるケースや、長期間の延滞などのケースも多いです。

クレジットカード会社やローン会社からしてみれば、あなたもそうならないか心配なのです。

ただ心配というわけではなく、クレジットカード会社や消費者金融なども商売ですから、お金を回収するために対策をする必要があります。

どういった事情で支払いができないのか、いつまでなら支払いできるのか、そういったことを誠実にきちんと伝えていれば、大きな問題にはなりにくいです。

しかし、電話を無視し続けていたり、電話に出ても横柄な態度をとったりしていると、いろいろ問題が起きてきます。

連絡をしないとどうなってしまうのか

クレジットカードの場合は、利用できないようになります。カードローンの場合は、利用できたはずの借り入れ枠がなくなります。場合によっては、一括返済するように言われます。

それでも無視し続ければ、裁判を起こされる可能性も出てきます。

支払いが間に合わないならいつまでに払うと事前連絡するだけで、こういった事態を免れることができます。

一度そういったことをして信頼をなくすと、その時に契約をしているクレジットカード会社や消費者金融などとは、二度と契約できなくなるでしょう。

そうやって社内ブラックになっている人は非常に多いです。

1日でも支払いが遅れれば延滞にはなりますが、事前に連絡している人に対して、いきなりクレジットカードを取り上げたりはしません。

カードローンやクレジットカードの未払分の一括返済を求められることもないでしょう。

支払いできずに滞納した場合、個人信用情報機関の信用情報に記載されます。

クレヒスで1回滞納したという情報はつきますが、1回であれば何かの事情で忘れていたのかもしれないと判断されるケースは多いです。ブラックというよりは、マイナスポイント程度でしょう。

クレヒスという点で見れば、それから一度も遅れずに返済できれば、24か月経てばその情報は消えます。

まとめ

支払日に払えない場合、金融会社に事前に連絡をしたとしても、信用情報に滞納したという情報は残ってしまいます。しかし、急にクレジットカードを取り上げられるなどの強硬策は取られません。

連絡をせずに滞納したままにしておくと、カードローンやクレジットカードの未払分の一括返済を求められることもありますし、裁判沙汰になることもあります。

とにかく事情があり、支払いが遅れそうな時は事前に連絡してください。そうすればよけいなトラブルを回避できますし、社内ブラックにもならずにすみます。