毎月の支払額が多く、借金返済のために副業をしようと考えている人も多いのではないでしょうか?

月に数万円でも収入が増えれば、生活は少し楽になるでしょう。借金がある人は、借金返済にまわすこともできます。

しかし、「副業をしていることが会社にばれてしまうとちょっと面倒なことになる」と思い、副業ができない人も多いようです。

副業禁止の会社が多い

勤めている会社の就業規則に副業禁止規定がある場合など、副業禁止ということもあります

以前に比べれば、副業に関して寛容になったように見受けられますが、依然として副業禁止の会社が多いのは事実です。

会社の就業規則に副業禁止規定がある場合でも、理解ある上司に相談すれば、道が開けることもあります。

しかし、確実に上司からOKをもらえないと分かっている場合などは、自己責任の上、会社にばれないように副業をする必要があります。

ティッシュ配りなどの人とかかわる接客系のアルバイトの場合は、その場でばれるかもしれません。

しかし、ネットオークションやアフィリエイトなどのようなネット副業の場合、そう簡単にばれるとは思えません。

副業はどこでバレるのか?

では、会社はどこであなたが副業をしていると判断するのでしょうか?

会社に副業がなぜばれるのかといえば、会社側があなたの住民税の支払額を計算しているときに分かります

他の社員と給料がほとんど変わらないのに、一人だけ住民税が多ければ、明らかにおかしいですよね。

「この人だけ他の人と比べて住民税が高い。何かアルバイトか何かしているかも・・・」

そう疑われてしまい、追求されて副業がばれるというケースが多いようです。

実はここさえ抑えておけば、副業がばれるケースは少ないといえます。

副業がバレない方法

この場合の対策として、住民税の徴収で「特別徴収」か「普通徴収」を選ぶところがあるのですが、ここで「普通徴収」を選択すれば大丈夫です。

確定申告書の「第二表」の右下に「住民税・事業税に関する事項」という欄があります。

その中に「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」と書いているところの「自分で納付(普通徴収)」欄にチェックを入れます。

こうしておけば、副業分の住民税の支払い通知が会社に届くことはなく、あなたに直接請求が届くようになります。

これで会社には通知されませんので、一安心といったところでしょう。もちろん、この分は自分で確定申告をすることを忘れないようにしてください。

ちなみに副業による収入が年間20万円未満であれば、確定申告時に手続き等特に必要ありません。

副業が時給制のアルバイトの場合は、確定申告書「自分で納付(普通徴収)」欄にチェックだけは忘れないようにしましょう。

マイナンバーで副業がバレるのか?

マイナンバー制度が導入され、副業がバレるから今やっている副業を辞める人が増えているようです。

では本当にマイナンバーで副業がバレるのでしょうか?

実はマイナンバーが導入されたからといって、副業がバレるわけではありません。なぜ副業がバレるという話が広まっているのか。

理由のひとつに、本業の会社にマイナンバーを伝える必要があるという点があります。会社がそのマイナンバーを利用して、あなたの所得情報が調べられるという噂が広まっています。

実際には、マイナンバーの利用についてはかなり制限がかけられています。マイナンバーを利用し、民間事業者が勝手に個人の所得情報を調べることはできないようになっています

なので、副業がバレるのは本業の会社ではありません。ただ、税務署にバレるだけです。普段から確定申告している人は今までと変わりありません。

確定申告をしていない人は、先ほど説明した「確定申告書で住民税の徴収方法の選択で普通徴収を選ぶ」ことだけは忘れずにしてください。

この作業を忘れてしまうと、年末調整の時期に本業の会社に副業をしていることがバレます。逆にこの作業さえしていれば、マイナンバーに関しては問題ありません。

まとめ

副業をする場合は、今勤務している会社が副業を認めているか調べましょう。副業禁止の場合は、会社にバレないように対策を立てる必要があります。

副業がバレるのは、年末調整の時期に住民税の計算をしている際に分かります。副業をしている人は、他の人と比べて住民税が高いからです。

確定申告書で住民税の徴収方法の選択、普通徴収を選んでおけば、会社にバレる可能性を少なくすることができます。

マイナンバー問題もこの対策をしておけば、今のところ問題は少ないと思います。(※現状では絶対に問題がないとは言い切れませんので注意してください)