「うちの息子は金遣いが荒く、気がつけばすぐに多額の借金をしてくる・・・」

自分の子供に限らず、親や兄弟などでもこのような話をよく聞きます。

「いっそのことブラックリストに載ってどこからも借りられないようになればいいのに・・・」

ご家族であれば、そういったことを考えるでしょう。

では、消費者金融や銀行などからの借り入れをできないようにする方法はないのでしょうか?

貸出自粛依頼(貸出禁止依頼)とは

実は貸出自粛依頼(貸し出し禁止依頼)という制度があります。

各都道府県に「貸金業協会」と言うのがあり、そこで貸出自粛依頼をすれば、5年間はローンも通らなくなり、クレジットカードも作れません。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社がその対象者に貸し出しできないようにする制度です。貸出禁止依頼などとも言われています。

ただし、本人がいないと貸出自粛依頼はできません。

実際に貸出自粛依頼をする人は、「自分の借金癖を何とかしたいと考えて自分ひとりで貸出自粛依頼に来る人」や「家族に連れられしょうがなく貸出自粛依頼をする借金癖のある本人」などです。

そもそも周りの言うことを聞かないで借金まみれになったような人たちが、自分から貸出自粛依頼を出しに行くとは考えにくいです。

家族が連れて行こうとしても聞く耳を持たないのではないでしょうか?

本人がいないと使えない制度?

貸出自粛依頼は、残念ながら他にも穴だらけの制度です。

  • 本人がいないと貸出自粛依頼ができない
    (借金癖のある人が行くとは思えない)
  • 登録機関は5年間程度だが、3ヶ月たてば本人は貸出自粛依頼の取り消しができる
    (3ヶ月たてばこっそり貸出自粛依頼の取り消しができてしまう)
  • 貸金業協会に加入していないカード・ローン会社には効力はない
    (ヤミ金などの悪質な高金利業者からは借りられる)
  • 現在利用しているカードローン・クレジットカードはそのまま使えてしまう
    (カードにハサミを入れても本人が使わないというのを信じるしかない)

特に本人がいないと貸出自粛依頼できないのは致命的です。しかし、貸出自粛依頼をする方法はあるにはあります。

特例で認められることがある

本人の行方不明の場合は特例で認められるようです。

例えば、「息子がどこにいるか分からず、その返済を親である自分たちがしている。また借金されたら自分たちではもう払っていけない」などです。

仮にそれがうまくいっても、貸出自粛依頼を出された本人が、個人信用情報機関に自分の信用情報の開示をすれば、貸出自粛依頼を出されたことが原因で審査に落ちていることが分かってしまいます

本人抜きでの貸出自粛依頼は取り消しができますし、3ヶ月後であれば貸出自粛依頼の取り消しは普通にできてしまいます。

普通のローンは通らないから、ヤミ金などの悪質な業者から借りてしまうケースも出てくる可能性があります。

結局本人が借金に対してどう思っているかが大事で、「もう借金をしたくない!」という債務者本人の強い意志がなければ、残念ながらあまり効果はないかもしれません。

多額の借金があるのであれば、自己破産をするなどして一度借金をリセットするほうがいいかもしれません。

まとめ

消費者金融や銀行などの金融機関から、借り入れをできないようにする貸出自粛依頼(貸し出し禁止依頼)という制度があります。しかし、残念ながら穴が多い制度です。

本人がいないと貸出自粛依頼ができない、ヤミ金には効果がない、現在利用中のカードやローンは使える、といった致命的な欠陥もあります。

借金をさせないように貸出自粛依頼をしても、抜け穴が多いので、あまり実用的ではないかもしれません。