「クレジットカードの利用枠はないけど、ポイント目当てでクレジットカードで支払いをしたい」

そういう人も意外に多いようです。

特に作ったばかりのクレジットカードであれば利用枠が少ないことが多いです。

ゴールドカードやプラチナカードであれば、はじめから利用枠が100万円以上あったりしますが、クレジットカードの利用枠が10~20万円程度しかないこともよくあります。

こういった場合に、クレジットカードの支払いを前倒しできるのでしょうか?

繰り上げ返済は可能

実は、クレジットカードの繰り上げ返済をすることは認められています。

クレジットカードの支払い用にお金をとっておくのであれば、今すぐに支払ってしまえば利用枠が空きます。そうすれば、その分クレジットカードが利用できますので、そのほうがいいと考える人も多いです。

他にも分割払いやリボ払いを利用している場合は、繰り上げ返済することによって、金利手数料を安くあげられるメリットもあります。

ではどうすれば、クレジットカードの繰り上げ返済ができるのか。

手順自体に難しいことはありません。

対象のクレジットカード会社のサポートセンターに電話をかけて、繰り上げ返済を受け付けてくれるかどうかを確認します。クレジットカード会社の公式サイトにも情報が掲載されています。

ほとんどのクレジットカード会社が繰り上げ返済の対応をしてくれます。しかし、一部のクレジットカード会社は受け付けていないようです。

対応可能であれば、「今月のクレジットカードの支払い分を先に払いたいのですが・・・」などと伝えれば大丈夫です。

その後、本人確認、請求金額の確認をした上で、振込先と振込金額を教えてもらえますので、そこに振り込めば完了です。

その際の振込手数料は自己負担なので、「金利を浮かそうと思ってやったのに逆に振込手数料がかかった」ということがないようにしましょう。

認められないケースもある

その時のタイミングによっては、クレジットカードの繰り上げ返済が認められないケースもあります

「当月の請求額が確定していない場合」や、「今現在引き落としされてはいないが、既に銀行側に引き落としのデータが渡っている場合」などです。

他にも、分割払いやリボ払いの分を先払いする場合、一括での全額返済が前提になりますので、一部返済は認められないクレジットカード会社があります。

つまり、「20万円の買い物分の10万円だけ先に払いたい」などの要望は通らないということです。

他にも「請求額が確定している分に、今日利用した分も追加して支払いたい」といった内容も対応できません。

クレジットカードの繰り上げ返済に関しては、カード会社によって対応が違いますので、不明点は電話でよく確認するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードの繰り上げ返済をすることはできます。利用枠が少ない人は繰り上げ返済をすれば、利用枠が回復するメリットがあります。

しかし、すべてのクレジットカード会社が対応しているわけではありません。振込み手数料が自己負担などの注意する点もあります。

公式サイトで確認するか、直接サポートに電話して確認しましょう。