今使っているクレジットカードで、ショッピング枠の利用限度額が少ないのが悩みという人は意外に多いようです。

年収が高く他社からの借り入れなどない人であれば、クレジットカードの利用限度額が多く、ショッピング枠が50万円以上あることもざらです。

場合によってはショッピング枠が100万円以上あることもあるでしょう。そういう人であれば、ショッピング枠が少ないという悩みはないでしょう。

しかし属性が悪い人は、ショッピング枠が10万円程度と少ないです。もっと利用枠が欲しいと思うのは当然のことです。

クレジットカードの利用限度額が増えることを、増枠という言い方をしますが、それではどうすれば増枠できるのでしょうか?

増枠は可能?

実はそんなに難しいことではありません。

  1. ショッピング枠の利用限度額一杯に利用すること
  2. 毎月の支払いを遅れずに確実に支払うこと

上記の項目を数ヶ月以上続ければ、自動的にクレジットカードの利用限度額が増えていきます。

クレジットカード会社にもよりますが、3ヶ月~半年程度で増枠されます。増枠は1年に1回というクレジットカード会社もあります

増枠される金額も1回に10万円や20万円、一気に50万円増えることもあります。これは個人の属性や利用状況によります。

ステータスの高いクレジットカードであれば、一気に増えやすいといえます。ゴールドカードやプラチナカードなどです。

プラチナカードは一般人が持つのは非常に難しいでしょうが、ゴールドカードなら可能です。とはいえ、そういったハイクラスなカードを持つことはなかなか難しいといえます。

この方法は属性のいい人に限られます。

増枠の為にすること

増枠のためにしたほうがいいことは、公共料金や携帯料金などの支払いをクレジットカード引き落としにすることです。

生活費の支払いを、増枠したいクレジットカードを支払うことで、その人の印象が変わります。

そうすることで、クレジットカード会社から「この人は優良顧客だ」と思ってもらいやすくなります。

ひとつ注意が必要な点は、限度額一杯利用する必要はあるのですが、リボ払いで限度額一杯利用するということはあまりおすすめできないという点です。

リボ払いで限度額一杯利用していると増枠どころか「この人は金銭的に困っているのか?」と判断されてしまい、審査に不利になる可能性が高いです。

多少利用する分には問題ありませんが、利用限度額一杯にリボ払いはやめましょう。

増枠にはこのような方法もある

他に方法として、クレジットカード会社に増枠申請を出すという方法もあります。

実際にどのように記載されているかというと、楽天カードの場合はサイトを見てみると、「ご利用可能枠の増額」と記載されています。

ここから増枠の申し込みが行えます。これは会員だけが見れるページに記載されています。

「ご利用可能枠の一時的な増額」という項目もありますので、一時的に増枠することもできます。

これは今ある利用可能額の2倍まで増枠できるサービスです。増枠された利用可能額は2ヶ月間有効です。

例えば結婚、旅行、引越しなどのように、一時的に高額な費用がかかる場合などに特に使えます。

自分で増枠申請した場合の注意点

ただし注意が必要なのは、クレジットカード会社が自動、または担当者が与信をするなりした場合(途上与信)と比べ、自分で増枠申請した場合では増枠の成功率が違ってきます。

途上与信の場合は自社発行のクレジットカード利用状況に加えて、他社発行のクレジットカードの利用状況や消費者金融の利用状況などを見ます。

支払いの滞納や、債務整理をしたなどのブラックになるような状況にさえなければ、特に問題ありません。

自分で増枠申請した場合は、入会時と同等の審査をするので審査が厳しいというわけです。

自分で増枠申請してしまったばかりに、逆に利用枠を減らされたり、クレジットカードの利用停止になるケースもありますので注意が必要です。

属性や利用状況に問題がなければいいのですが、自分で増枠申請することはあまりおすすめできません。

まとめ

クレジットカードの利用限度額が増やすことは、そう難しいことではありません。「限度額いっぱいまで利用して、遅れずに返済すること」です。公共料金や携帯料金などの支払いを、クレジットカード引き落としにするといいです。

とはいえ、使い方にも注意点があります。リボ払いで限度額いっぱいまで利用すると、クレジットカード会社にお金に困っている印象を与えてしまいます。

自分で増枠申請する方法もありますが、この方法は属性や利用状況がいい人以外は使わないほうが無難です。