分割払いの場合は、クレジットカードで購入した商品などの支払いを、何回払いかを決めて、手数料を乗せた金額がその月の支払い額になります。

支払い回数が指定されているので、いつ支払い終わるかがわかりやすいというメリットがあります。

デメリットは、一括払いと違い手数料がかかるという点です。しかし一般的に2回払いや、ボーナス払いには手数料はつきません。

リボ払いは楽だが・・・

リボ払いとは、分割払いとは少し違い、毎月の返済額がほぼ一定になる支払方法です。

リボ払いの場合は、支払い回数ではなく支払い金額を決めて、毎月支払っていく必要があります。

例えば、毎月5,000円ずつ支払っていくというようになります。支払い金額が低めに抑えられるので、毎月の支払いは比較的楽です。

しかし、ここに落とし穴があります。「いくらクレジットカードを利用したしても、毎月の返済額が一定なので計画的に返済ができる」と思われがちですが、返済額自体は変わりません。

長期に支払い続けることになるため、金利の負担が大きくなるという問題点があります

借金がなくならないということを考えれば、キャッシングやカードローンよりも怖い存在ともいえそうです。

借金額が増えても返済額が変わらないのであれば、金銭感覚が麻痺する可能性があります。

借金自体は10万円、20万円、30万円と増えていったとしても、毎月の支払額が5,000円のままであったなら、自分が借金地獄に落ちていっている事実に気がつきにくくなります。

アメリカはクレジットカードをよく使い、リボ払いが主流になったため、借金からなかなか抜け出せない人が増えて、結局自己破産をするというケースが少なくなかったようです。

自分のクレジットカードの利用状況を把握する

クレジットカードの支払い方法をリボ払いにしている人は、一度自分の支払いがいつ終わるのかを計算してみるといいと思います。

当然ながら、長く払えば払うほど手数料を払い続けることになります。はっきり言って、これはもったいないです。

国民生活センターには、「店頭で商品を購入し、一括払いでお願いしますと伝えているのに勝手にリボ払いになっていた」という相談も多いようです。

これは「自動リボ設定」になっていたからですが、これは自分で調べればすぐにわかります。申し込む前に確認すべきです。

以前は紙での明細書が自宅に届いたのですが、最近はネット上で確認するタイプも増えました。

まめに確認する人はいいのですが、自分の支払い状況にあまり興味がないのか、「口座にお金を入れておけば勝手に引き落とされるから」と、毎月いくら引かれていくら残債が残っているかを確認しない人も多いようです。

毎月の支払額を増やしたり、一括返済をしたりして、無駄な手数料を極力支払わないようにして、出費を抑えていきましょう。

まとめ

リボ払いとは毎月5,000円ずつ支払うなど、毎月の返済額がほぼ一定になる支払方法です。支払い金額が低めに抑えられるので、毎月の支払いは楽に感じます。

しかし、返済額自体は変わらない上に、利息も払い続ける必要があります。利息を考えると、一気に支払ってしまったほうがいいでしょう。

毎月支払っているからと油断していると、利息だけ支払っていて元金が減っていないというようなことがあるので気を付けましょう。