ブラックリストにのっている人は、カードローンやキャッシングの審査には通りません。

「延滞・債務整理・申し込みブラック」などの情報が、信用情報機関に記載されている期間は、カードローンやキャッシングの申し込みを控えたほうがいいでしょう。

ブラックは必ず審査に落ちるのか

それではブラックであれば、どのカードローンやキャッシングに申し込んだとしても100%審査に落ちるのでしょうか?

実は答えは「ノー」です。ブラックだとしてもそのブラック情報が何か次第では、審査に通る可能性もあります。

しかし、あくまでも可能性です。消費者金融の判断次第となりますので、その点はどうしようもありません。

「ブラックでも審査に通ります」と堂々とうたっているのはヤミ金だけです。申し込み先を間違えてしまうと大変なことになりますので注意が必要です。

基本的にはブラックの人は審査には通りません。しかし、一部のブラックの人は審査に通っています。

では、どのようなブラックの人が審査に通っているのでしょうか?

どんなブラック情報であれば、審査に通る可能性があるのか?

債務整理

例えば、「債務整理後」の人は完全にブラックです。

しかし、債務整理をしているので、借金が減り月々の支払額の減っているはずです。さらに安定した仕事に長く勤めているような人であれば、優良顧客になる可能性があります。

そういった理由から、債務整理後の人がカードローンやキャッシングの審査に通ることもあるというわけです。

申込ブラック

「申込ブラック」でも審査に通ることもあります。これも安定した収入があり、返済が見込めると判断されれば審査に通ることもあります。

「申込ブラック」の場合は、何も知らずに、属性が高くないと審査が通らないところばかり申し込んでいるケースもあるからです。

こういう人は自分の属性にあったところにはじめに申し込んでいれば、カードローンやキャッシング、クレジットカードの審査にも通っていたでしょうから。

他社延滞中

しかし、同じブラックでも「他社延滞中」の人は返済能力がないと判断される可能性が高いです。

延滞中の人は収入が高かったとしても、何か特別支払えない事情があるのだろうと判断されます。

どの消費者金融に申し込んだらいいのか?

ブラックの人が、どうしてもカードローンやキャッシングをしたい場合、どの消費者金融に申し込めばいいのでしょうか。

今現在ブラックなのであれば、大手消費者金融に申し込んでも審査に通ることはありません。申し込みを控えてください。

当然ながら、ヤミ金はNGです。ヤミ金には、どんなにお金に困っても借りることのないようにしてください。

何も考えずに闇雲に申し込みをしても審査には通りません。審査に通る可能性のある消費者金融だけを狙っていきましょう。

現実問題として、ブラックの人でも審査に通る消費者金融はごく一部しかないからです。

ブラックが狙うならこの消費者金融

ブラックでも審査に通る可能性があるのは中小の消費者金融に限ります。

その中でもフクホーという中小の消費者金融があります。フクホーであれば正規の消費者金融で、ヤミ金ではありません。

フクホーなら、「債務整理中」や「申込ブラック」といったブラックであれば、審査に通る可能性はあります。(フクホーの詳細

しかし、フクホーは「他社延滞中」「自営業者・無職」「健康保険未加入者」の人は審査に通りません。

ブラックの人は、フクホーが無理なら、他の消費者金融はなかなか難しいです。

それからブラックの人は、電話でいろいろ聞かれると思いますが、電話で人柄が見られますので、誠実に対応しなければ確実に審査落ちします

担当者によっては対応が悪いこともあるかもしれませんが、こちらは誠実な対応を心がける必要があります。

まとめ

ブラックであれば、基本的にカードローンの審査には通りません。特に大手消費者金融や銀行は厳しく、ブラックであれば審査には通りません。

しかし、フクホーなどのごく一部の中小の消費者金融は独自の審査基準を設けていて、特定のブラックであれば審査に通すこともあります。

「債務整理後」や「申込ブラック」であれば、それ以外の属性がよければ、審査に通る可能性はあります。