携帯電話やスマートフォン(スマホ)を買う場合、分割払いに設定している人が多いと思います。機種変更をする場合でも同じように、機種代は分割に設定していると思います。

一括で支払っている人は意外に少ないようです。

なぜなら、今の携帯電話やスマホの機種代は高いからです。最新機種で5~6万円するのも普通ですし、iphoneに関しては10万円以上するものもあります。

以前は、携帯電話は実質無料で手に入りました。そのため携帯電話の分割払いをする人はそう多くなかったはずです。

それが今では、携帯やスマホの機種代が高額化したことで、多くの人が分割払いの契約をしています。しかし、ここに意外な落とし穴があります。

ブラックだと携帯電話の契約ができない?

ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯キャリアは、携帯やスマホを分割払いで買う人に対して審査をしています。

実はこの審査で、キャッシングやクレジットカードの審査と同じように、信用情報機関の情報を見ています。つまり、あなたがブラックリスト入りしているかどうかが分かります。

ではこの時点で、あなたがブラックと分かったら携帯電話の契約ができないのでしょうか?

キャッシングやカードローン、クレジットカードの審査では、信用情報がブラックであれば、ほぼ確実に審査には通りません。

もし消費者金融やクレジットカード会社と同じ審査をされれば、世の中のブラックの人は携帯電話を持てないことになります。

債務整理をした人は確実にブラックですが、債務整理をしたから携帯電話を持てなくなったという話はほとんど聞いたことがありません。

携帯電話の契約の審査では、消費者金融やクレジットカード会社などと少し判断基準が違います。

ブラックであっても、十分に審査は通ります。しかし、ブラック情報によっては審査に通らないこともあります。

通信キャリアの審査基準

ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯キャリアは、どんなブラック情報で判断しているのでしょうか?

  • 自社や他社キャリアでよく滞納している人ではないか?
  • 常に延滞を繰り返しているような人は携帯キャリアの審査に通らない。軽いものであれば審査に通る可能性は十分にある。

  • 料金を払わずに強制的に解約させられたことはないか?
  • 携帯電話を分割払いで購入し、その料金を払わずに(または払えずに)強制的に解約させられたことがあれば、その情報が残っている限り、どの携帯キャリアの審査にも通らない。

  • 同じ時期に大量に携帯電話の契約をしていないか?
  • 通常であればありえないことなので、あきらかに怪しいと判断されれば、携帯キャリアの審査には通らない。

正直なところ、消費者金融やクレジットカード会社の審査に比べれば甘いと言えます。契約したらちゃんと料金を払ってくれるまともな人と判断されればOKということです。

消費者金融や銀行、クレジットカード会社が嫌う、他社借り入れ件数が多い人でも、一度も滞納したことない人は携帯キャリアの審査には通る可能性は高いといえます

もし、携帯電話の契約をして審査に通らないようであれば、キャッシングやカードローン、クレジットカードの審査には確実に落ちるほどのブラックであるとも言えるかもしれません。

まとめ

ドコモなどの携帯キャリアは、携帯の分割払いの審査で、個人信用情報機関の信用情報を見ています。ブラックかどうかはバレてしまいます。

しかし、消費者金融やクレジットカード会社の審査であれば、この時点で審査落ちしてしまいます。しかし、ブラックの人でも携帯電話やスマホを持っています。

携帯キャリアの審査は、違う審査基準で判断しています。携帯料金を滞納している、料金を払っていない、などが審査落ちの原因になっています。